フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



美姫、特別扱いなく五輪条件クリア危機
3季ぶりの復帰を目指す元世界女王の安藤美姫(25)が複雑な胸中を明かした。28日、新横浜スケートセンターで行われた「ドリーム・オン・アイス 2013」にゲスト出演。7月からの13−14年シーズンで引退を決めているが、希望する出場試合などで、日本スケート連盟の意向と合致しない事態にあると吐露した。過去の実績による「特別待遇」は行わない方針を取っており、思い描く青写真とズレがあるようだ。

 安藤が現状を訴えた。置かれた状況、気持ちを包み隠さずに発言した。「国際スケート連盟(ISU)の回答と、日本連盟の回答が違って、自分は日本連盟の意向に従わないといけない。少し残念ではあります」。ラストシーズンだからこそ、思いが言葉になった。

 昨年10月に始まったGP(グランプリ)シリーズ。出場のサインをしながら、コーチ不在を理由に欠場した。故障以外の場合は罰則があることは承知だったが、ISUのチンクワンタ会長宛ての手紙を書き、「良いアンサーをもらった」。昨年12月まではISU公認大会に出場停止だったが、それ以上の罰はなかった。だが、「日本連盟からは6月までアイスショーも出てはいけない」と伝えられたという。

 さらに来季GPシリーズ(今年10月スタート)も、「出場資格は持っていたが、日本連盟の判断がISUと違った」と説明した。過去10季で表彰台に上がった選手はISUとしては出場可能だが、判断は各国の連盟。日本は強化指定でなければ派遣しない方針を取り、安藤は昨秋に辞退していたため、出場はかなわなかった。

 連盟の伊東フィギュア委員長は、強化指定は「2年間実績がなく、特別扱いはできない」とし、「6月までショーも出てはだめと、私は言っていない。強化部に確認したい」と話した。

 ソチ五輪出場には、12月の全日本選手権での表彰台が条件。同大会までにISUの技術最低点の獲得も必要だが、現状ではISU公認大会に日本代表として参加できない。「最低点を取れる場(試合)を作ってもらいたい」と訴えた。

 今後は、全日本の予選の関東選手権(10月)を目指す。そこで結果を残して強化指定に入り、GP以外のISU公認大会で最低点を取ることが、現実的な道筋となる。この日のショーでは3回転サルコーに挑戦。7月には米国合宿も行うなど、復帰への歩みは進める。「前向きにやるしかない」と自分に言い聞かせるように話した。【阿部健吾】

 [2013年6月29日9時27分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20130629-1149483.html


安藤美姫が復帰へコーチ交渉中
フィギュアスケートの元世界選手権女王でソチ冬季五輪シーズンに復帰する安藤美姫は28日、不在となっているコーチについて「今1人に声を掛けて話している。100パーセント決まった上で発表する」と交渉中であることを明らかにした。当面は練習拠点を国内に置き、7月にフリーの振り付けで渡米する予定。

 安藤は昨年のグランプリ(GP)シリーズを欠場したため、日本スケート連盟からアイスショー出演を禁じられたと主張。「(復帰後の国際大会出場の機会も)まだつくってもらえず(目標を)言えない状態」と不快感を示した。さらに「(ことしの)GPに出る資格はあるみたいなので、出たいと正直思うが、日本連盟がどう判断するか」と話した。

 この日は新横浜スケートセンターで催されたアイスショーに出演し、得意な3回転サルコーの着氷で珍しく手を付いたが、久々にジャンプを披露。3月の世界選手権代表の羽生結弦や鈴木明子(邦和スポーツランド)村上佳菜子(中京大)も熱演した。浅田真央(中京大)高橋大輔(関大大学院)は出演しなかった。

 [2013年6月29日6時9分]
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

安藤美姫選手関連記事(2012/2013シーズン)【ex】
安藤美姫選手関連記事
結晶ISU-Biography
2012/2013シーズンプログラム
SP:
FS:

テレビ安藤美姫 Pandora TV 検索(動画サイト)
テレビYouTube検索 - 安藤美姫(動画サイト)

続きを読む >>
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

小塚崇彦選手関連(2012/2013シーズン)【ex】
小塚崇彦選手関連
結晶ISU-Biography
2012/13シーズンプログラム曲
SP:Concert Overture (from "Exodus") by Karol Szymanowski
FS:Introduction et Rondo Capriccioso Op. 28 by Camille Saint-Saens
テレビYouTube検索 - 小塚崇彦(動画サイト)
テレビTakahiko Kozuka Videos - Metacafe
カメラdaylife(画像)
続きを読む >>
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

鈴木明子選手関連記事(2012/2013シーズン)【ex】
鈴木明子選手関連記事


王冠2鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」

結晶ISU-Biography
2012/13シーズンプログラム曲
SP: Battle Without Honour or Humanity (from "Kill Bill" soundtrack) by Tomoyasu Hotei
FS: O (from Cirque du Soleil)


テレビYouTube - akiko suzuki
テレビYouTube - 鈴木明子

続きを読む >>
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

小塚、ソチヘ自信 米で2カ月半 長期合宿入り
フィギュアスケート男子の小塚崇彦(トヨタ自動車)が今月25日から米国・デトロイトに渡り「これまでで一番長い」という2カ月半の合宿に取り組んでいる。ソチ五輪を目指すシーズンへ。足の痛みに苦しんで全日本選手権で5位に終わり、6季ぶりに世界選手権の出場を逃した今季からの巻き返しを図る。 (海老名徳馬)
 今季は股関節の痛みに悩まされた。シーズンが進むにつれて影響が大きくなり、昨年12月の全日本選手権の前は「病院を駆け回っていて、練習していなかった。それが一番の失敗の原因」。本来の出来とは程遠い滑りしか見せられなかった。
 磁気共鳴画像装置(MRI)やCTスキャンなどの検査を重ねたが、原因がわかるまで時間がかかった。大腿(だいたい)骨を支える骨盤の関節が先天的に浅く「3、4年前に支える部分を骨折したことがある。痛くなかったけれど、去年からハードに練習して疲れると痛むようになった」。かばって滑るうちに、右足甲も痛めていた。
 本来は治すために手術が必要だが、半年ほど滑れなくなる。「まだスケートがしたいし、強い気持ちで乗り切れる、と自分で判断した」。手術はせず、体の調子を見ながら練習する道を選んだ。
 これまでは週2回程度だったマッサージを、毎日必ず受けるように。新たなスケート靴を特注するなど、体への負担を減らす方法を探ってきた。
 4月初めには復帰戦となった国際大会で優勝。来季のショートプログラム(SP)の振り付けも済ませ「いつも結構足にくるけれど、最後まで動けた。痛みのボーダーラインを突破しない状況をつくれば大丈夫」。綿密なケアを受ければ、調子をコントロールできるという手応えを感じている。
 来季のSPは「骨組みはできた。練習していて楽しいプログラム」。フリーは今季と同じバイオリン曲「序奏とロンド・カプリチオーソ」を使う。「五輪シーズンはドタバタするので、最初につくったときから考えていた。ただつなぎをもう少し入れたり、変わった感じにしたい」とイメージは出来上がっている。
 ソチ五輪の日本男子出場枠は三つ。「実力的に難しい状況ではない。失敗したら絶対無理というのは去年の全日本で感じたけれど、失敗さえしなければ大丈夫」。レベルの高い代表争いにも、自分の力を信じる気持ちは揺るがない。新しいシーズンへの準備は着々と整っている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2013042702000236.html
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

町田樹選手関連記事(2012/2013シーズン)
町田樹選手関連記事
結晶ISU-Biography
2012/2013シーズンプログラム
SP: F.U.Y.A by C2C
FS: Firebird
続きを読む >>
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

【フィギュア】明子「いずれは私も…」意味深発言&右手薬指に指輪
フィギュアスケートの四大陸選手権女子で3年ぶり3度目の優勝を飾った浅田真央(22)=中京大=が11日、大阪市中央体育館で一夜明け会見を行い、自身の恋愛観を初めて明かした。「年上の人がいい。35歳まで大丈夫」と結婚願望や理想のタイプを告白。今季5連勝で上昇気流に乗る真央が、14年ソチ五輪優勝とイケてる恋人のダブル金メダルをゲットする!?

 真央に負けじと、ベテランの鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=も“恋バナ”にちょっとだけ乗っかった。右手薬指の指輪を隠しつつ「予定は未定ですが、いずれは私も…。電撃はないですけど。ウフフ☆」と、笑顔をふりまいた。

 今大会でリンクに向かう不安を払拭。トンネル脱出の手助けは、悩みのはけ口になってくれた「スケート以外の友人」だった。「周りはみんな結婚して子供までいるんですよぉ」と苦笑い。昨年暮れは不安が原因で不眠症となり、練習中にめまいを起こしたこともあったが「今は薬も飲んでないし、グッスリ眠れてる」。スケートLOVE全開で、前回の銅メダル以上を目指し、世界選手権にアタックする。

(2013年2月12日06時03分 スポーツ報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20130211-OHT1T00179.htm
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

【フィギュア】明子「楽しかった」2位!迷い払拭、自己ベスト更新
(2013年2月11日06時03分 スポーツ報知)
◆フィギュアスケート 四大陸選手権最終日(10日・大阪市中央体育館) 女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の浅田真央(22)=中京大=は、今季世界最高の合計205・45点で3年ぶり3度目の優勝を飾った。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と2連続3回転ジャンプは回転不足ながら、銀メダルを獲得した10年バンクーバー五輪以来の200点超えで、自身初の5連勝とした。鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は2位、村上佳菜子(18)=中京大中京高=は3位と、日本女子が10年ぶりに表彰台を独占した。

 晴れ晴れとした顔だ。日本勢最年長27歳の鈴木は、ベテランの底力を発揮して2位。「楽しかった。心から滑ることができた」。苦悩からの脱出を笑顔で口にした。

 クジャクのような、あでやかな衣装に身を包み、情感たっぷりに舞った。序盤に予定していた2回転半―3回転が単発の1回転半になったが、スピンでは最高評価のレベル4だ。表現力でも4項目で8点台を獲得。昨年4月に日本開催だった世界国別対抗戦でマークした合計187・79点の自己最高を塗り替えた。

迷いを断ち切り、キレのあるジャンプと表情豊かな滑りが戻ってきた。昨年12月のソチ五輪会場でのGPファイナルに出場。「またここに戻ってきたい」と意欲が湧いた。反面、演技のミスを怖がるようになり「1つの不安が焦りになって、次につながらなくなった」。しかし、長久保裕コーチ(66)は言う。「強くなった。でも、ホント苦労した。余計な心配をするから『大丈夫。できるから』って、僕もめったに使わない甘い言葉を一生懸命、言った」

 残り1年の競技生活。鈴木は「私のために気を使い続けてくれた父と母にも喜んでもらいたい」と支えてくれた両親への感謝を口にする。愛知・豊橋市の実家は、開業35年目の日本料理店を営む。鈴木は小学生の頃、授業が終わると板前の父・和則さん(66)と母・ケイ子さん(62)が忙しい中で市内のリンクに通った。帰宅後は店のカウンターで夕食を取った。常連のお客さんがリンクの送り迎えをしてくれた。6歳からスケート靴を履いて21年。体調管理に、父はスッポン料理を振る舞い、母はお雑煮を作って娘を支える。「2人に思い出を残してあげたい」と鈴木。昨季銅メダルに輝いた世界選手権では、日の丸を背負い、心を強く持って戦いに向かう。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20130210-OHT1T00223.htm
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

フィギュアスケート:4大陸選手権 鈴木、ジャンプに光明 精神面強化「結果より内容を」

毎日新聞 2013年02月08日 東京夕刊

 フィギュアスケートの4大陸選手権が8日、大阪市中央体育館で開幕し、女子は9日にショートプラグラム(SP)が行われる。3月の世界選手権(カナダ・ロンドン)はソチ五輪での国・地域別出場枠を懸けた戦い。その前哨戦ともなる試合で、世界選手権代表の鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=は「結果よりも内容を重視したい」。今季、波があったジャンプでの安定を求めている。【藤田健志】

 昨年12月の全日本選手権。SPは首位と好発進しながら、フリーでは予定していた3回転フリップが1回転に。後半の3回転も失敗。手をついてしまうなど散々な内容で4位に沈んだ。今年1月の冬季国体も「ぼろぼろだった」と、ジャンプで転倒などのミスが相次ぎ、優勝を逃した。

 不調は昨年9月から。「突然がたがたと崩れた」と練習でも失敗が増え、焦った状態で試合に臨まざるを得ないことが続いた。表現力には定評があるが、SP、フリーともに演技後半のジャンプには得点が加算されるため、跳べないと高得点に結びつかない。

 そのため原因を分析し、「練習方法を変えた」ときっぱり。国体後は技術面以上に精神面の強化を重点的に取り組んできた。7日の公式練習ではジャンプの成功も増え「ようやく自分の中でしっくりくるようになってきている」と復調の兆しを見せつつある。

 全日本選手権後に、ソチ五輪が開かれる来季限りでの現役引退を明言した。長久保コーチの誕生日となる昨年12月14日には「あと1シーズン一緒に付き合ってください」と手紙も渡した。五輪まであと1年を切った。「自分のスケート人生を本当にエンジョイして充実したものにしたい」と鈴木。ベテランが集大成に向け戦っていく。

http://mainichi.jp/select/news/20130208dde035050005000c.html
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

美姫、来季引退へ/独占インタビュー
2012/10/10
美姫、来季引退へ/独占インタビュー(ニッカンスポーツ)
続きを読む >>
| RingOnIce | ■日本国内の話題・フィギュアスケーター | - | - |

<new | top | old>