フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< プリンスアイスワールド2010(東京公演) | main | 国際スケート連盟(ISU)関連記事(2009/2010年シーズン) >>
そのた(2010年)
そのた(2010年)
2010.06.25 「きみぺ」超えるスケート漫画 キス&ネバークライ(小川彌生)
06/19 Metis、英語教材に登場「夢にも思わなかった」
シンガーソングライターのMetis(26)が、中学・高校生向け英語教材「Watching Joyful」と「Watching Light」(浜島書店)に登場することになった。07年にデビュー。08年にリリースした闘病中の母親に捧げた楽曲「母賛歌」が日テレ系「誰も知らない泣ける歌スペシャル」で取り上げられ大ヒットし、09年には「24時間テレビ32」に出演した。一連の活動が評価され、教材に取り上げられることになった。他にも女子フィギュアスケートの浅田真央選手(19)、ピアニストの辻井伸行さん(21)らが登場する。Metisは「まさかわたしが英語の教材になるなんて夢にも思わなかったです。英語を訳してメティのことを知ってもらえたらうれしいです」とコメントを寄せた。
news24.jp/entertainment/news/1612491.html
メダリストブーケ見て 岡山のカフェで作品展
大ちゃん、真央ちゃんへのブーケがプリザーブドフラワーで再現―。バンクーバー冬季五輪フィギュアスケートで活躍した倉敷市出身の高橋大輔選手、浅田真央選手が手にしたメダリストブーケのモデルなどの作品展が、岡山市北区柳町のカフェ「ラトゥリエ ドュ ニニキネ山陽新聞本社店」で開かれている。24日まで。
 制作したのは笠岡市五番町のアートディレクター萬木善之さん(36)。プリザーブドフラワーを使ったブーケ2点を含む約20点を展示している。
 青いバラを使い、五輪の聖火を運ぶ白いトーチに見立てたブーケは昨年12月、同五輪代表発表で高橋、浅田両選手が手にしたのと同タイプ。ほかにも、マカロンを組み合わせたり、ケーキのような作品も並ぶ。
www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010061913294026/

05/22知りたい!:夏もフィギュア人気 満員続くアイスショー 現役トップが目白押し
華麗なジャンプと舞、きらびやかな衣装。バンクーバー五輪女子銀メダルの浅田真央(19)=中京大=や、男子銅メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=ら一流選手の演技を間近に見られる「アイスショー」が人気だ。4〜5月が最盛期で夏場にも開催される。かつては現役を引退したショースケーターの舞台だったが、今や現役選手の出演は当たり前。アイスショーの世界ってどうなっているの?
5月初めに横浜市で行われた「プリンスアイスワールド」。高橋は華麗な演技の後、観客の目前まで近づいて笑顔で手を振り、大きな声援を浴びた。5日間の公演では荒川静香さん(28)や本田武史さん(29)らかつての名選手に加え、バンクーバー五輪出場の浅田、高橋、鈴木明子(25)=邦和スポーツランド、小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=らも出演した。
 フィギュア選手が競技以外で演技を披露するアイスショーは北米が盛ん。代表格の「スターズ・オン・アイス」は1984年サラエボ五輪男子金メダリスト、スコット・ハミルトン氏が提唱して86年に始まった。日本公演も2007年から毎年開かれ、4月9、10、11日の「スターズ・オン・アイス」東京公演は、代々木第1体育館の約1万席がほぼ満席に。
 ほかに7、8月にも六つのショーが予定されている。
 日本では、78年に始まった「プリンスアイスワールド」(主催・プリンスホテル)が草分けだ。現役選手が出演するようになったのは、10年余り前から。日本スケート連盟が98年12月に競技者資格規定を改正。選手の商業活動を禁止するアマチュア規定を廃止し、連盟が承認するショーであれば、出演して報酬を受け取っても構わないことになった。
 アイスワールドを主催するプリンスホテルのマーケティング推進部、飯田広文担当部長は「今でこそ大勢のお客さんが来るが、昔は全日本選手権ですら満席にならなかった。観客でいっぱいになるウチのショーで、勝負度胸をつけてもらう狙いもある」と語る。
 国際スケート連盟でも同様の規定がある。ショー出演を認めたのは、五輪などで名声を得た選手がすぐ現役を退き、ショーの世界に流出するのを防ぐため、といわれる。バンクーバー五輪を制した韓国の金妍児(キムヨナ)(19)は現役を続けるかどうか表明していないが、4月中旬には地元ソウルでアイスショーに出演。母親が代表取締役を務めるマネジメント会社を設立し、今後はショーも開催するという。
 日本連盟によると、この1年に連盟が「後援」の形で認めたのは計10公演。久田順子事務局長は「内容などを審査して後援の可否を決めている」と話す。出演料の取り分は原則として選手側8割、連盟2割。その額は「契約があり、公表できない」(プリンスホテル)が、海外のメダリストらは高騰するようだ。
 既に競技はシーズンオフになり、「アイスショーを楽しんでいる」と浅田。競技の重圧から解放され、伸び伸びと滑るトップスケーターの演技がアイスショーの魅力だ。
/mainichi.jp/select/wadai/news/20100522dde



2010.04.14 鈴木副大臣らにスポーツ省設置を訴える
 スポーツ行政の方向性を示す「スポーツ立国戦略」の策定に向けた文部科学省の第4回ヒアリングが14日、同省内で開かれ、柔道の五輪金メダリストの山下泰裕氏がスポーツを通した教育の意義や、スポーツ省設置の重要性を訴えるなど、鈴木寛副大臣らに変革を求める現場の声が相次いだ。
 パラリンピックの競泳で活躍した全盲の河合純一選手は「障害者に対して民間のスポーツクラブでは入会拒否もある。行政の指導も必要」などと要望。フィギュアスケートの山田満知子コーチは「思うように練習できない。一般営業でリンクが込んでいる時はジャンプが禁止されている」と、練習の場所や時間の確保に苦心する現状を説明した。
hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20100414


2010.04.12next布袋寅泰「初生フィギュア」 浅田真央みて「妖精の…」
 ・HOTEI official BLOG


2010.01.31フィギュアのペア種目、良きパートナー探しに国籍は関係なし
先週エストニア・タリンで行われた欧州フィギュア選手権・ペア部門に出場したチームだ。ジェシカ・クレンショー(20)は米リッチモンド出身、チェド・チャグリス(24)はカナダ・オンタリオ出身。このチームはどの国の代表チームだろうか。1番は米国。2番はカナダ。
正解はどちらでもない。この2人はギリシャ代表として出場した。父親がギリシャ人のチャグリスが二重国籍だったこと。フィギュアペアやアイスダンスなど、男女がカップルを組む種目では最近、「国籍と代表がばらばら」である場合が珍しくない。
欧州選手権で予選を通過した16のペアチームの中で6チーム、26のアイスダンスチームの中で9チームは、2人のうち1人以上が国籍と代表する国が違う。イタリア代表に出場したフランス人、ドイツ代表に出場したウクライナ人、フランス代表に出場したカナダ系英国人など、様々だった。クレンショーとチャグリス組のロキー・マーベルコーチは、「最近、フィギュア界ではどのような組み合わせも可能だ」と話した。
国籍が違っても他の国を代表して出場する現象の根本的な原因は、ペアとアイスダンスの選手が自国内で良いパートナーを探すのが難しいため。ペアやアイスダンスは種目の特性から、高い水準に到達するためにはパートナーと3〜4年は呼吸を合わせなければならないが、特に、男子の選手層が薄くて一つの国でチームを組むのが簡単でない。
06年国際スケート競技連盟(ISU)も国籍ルールを緩和し、選手らが国境にこだわらずにパートナーを探せるようにした。現在は、2人の中で1人だけが代表に出場する国の国籍を持っていれば結構である。また、国籍を変えても1年が過ぎると、変えた国の代表に出場することができる。
ルール緩和で低迷気味だった2つの種目は再び活気を帯び始めている。数年前までも欧州選手権に出場したペアチームは、11〜12チームに過ぎなかったが、今年は21チームが出場した。
国境を問わず、良きパートナーを探して首位に上がった選手もできた。今回欧州選手権ペアの首位に立った日本人の川口悠子(29)が代表的。川口は日本人だが、一時、米国人とペアを組んで米国代表に出場し、06年からはロシアのアレクサンドル・スミルノフ(26)と組んで今大会でロシア代表として初優勝を果たした。
選手らはどうやってパートナーを探すのだろうか。グローバル時代にふさわしく、インターネットを活用する。米国人のバネサー・ジェームス(23)は、フィギュアパートナー探しの専門サイトの「アイス・パートナー・サーチ・ドッドコム(icepartnersearch.com)を通じて07年、フランス人のヤニク・ボヌェル(23)に出会った。2人はフランスを代表する最初の黒人ペアチームとして来月、バンクーバー冬季五輪に出場する。
japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2010013082418

初回設定日;2010.01.30
| RingOnIce | そのた | - | - |