フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< 張丹・張昊組関連(2009/2010シーズン) | main | 03/31発売「パーフェクトプログラム―日本フィギュアスケート史上最大の挑戦」 >>
2010年世界フィギュアスケート選手権
nextISU World Figure Skating Championships
開催場所:イタリア(トリノ)
開催会場:パラベラ(地図で見る
開催日(現地日時):2010年03月21-28日
[時差-8時間(例:日本2010年3月21日昼12時→2010年3月21日午前4時)]
・夏時間(2010/3/28〜2010/10/30)-7時間
next現地公式サイト
nextStarting Orders / Result Details
・出場予定選手【アイスダンスペア男子シングル女子シングル
・試合結果【アイスダンスペア男子シングル女子シングル
世界選手権の日程
【21.22日】練習日
【23日】アイスダンス規定、セレモニー、ペアSP
【24日】男子SPペア自由
【25日】アイスダンスOD男子自由
【26日】女子SPアイスダンス自由
【27日】女子自由
【28日】エキシビション
(日付は現地日時。SPはショートプログラム、ODはオリジナルダンス)

next世界フィギュアスケート選手権 - Wikipedia
世界選手権の歴史、概要など

03/11ランチア、世界フィギュアスケート選手権に協賛

next浅田真央が気づいていない大切なもの 世界フィギュア女子シングル総括
next世界王者・高橋大輔が示した4回転への意思 世界フィギュア男子シングル総括

next2010 World Figure Skating Championships
カメラ高橋大輔&浅田真央がエキシビションで共演!
04/01 真央ちゃんと高橋に報奨金検討/フィギュア
日本スケート連盟が、先のフィギュアの世界選手権で日本勢初のアベック優勝を果たした浅田真央(中京大)と高橋大輔(関大大学院)に対し、報奨金の授与を検討していることが31日、明らかになった。
 日本連盟は世界選手権の報奨金を個人種目の金メダルで100万円と決めているが、五輪のシーズンはこれまで出していなかった。
 浅田はバンクーバー冬季五輪の銀メダルで200万円、高橋は銅メダルで100万円の報奨金を授与されることが決まっている。
sanspo.com/sports/news/100401/

nextJapan's world champs return home(日本語翻訳頁[URL別入力] )

03/31 真央&大輔、連覇で特別ボーナス/フィギュア
フィギュアスケートの世界選手権(イタリア)の女子で2度目の優勝を飾り「世界女王」に返り咲いた浅田真央(19)=中京大=と日本男子として初めての優勝を果たした高橋大輔(24)=関大大学院=が30日、帰国した。2人は史上初となる日本勢アベック優勝を果たし、勢いづく日本スケート連盟は来年、東京で開催される世界選手権で、連覇を達成した際の特別ボーナス導入を示唆。真央サイドはバレエレッスンの専門家を“大募集”する意向も明らかにした。
五輪女王にはなれなかったが、2年ぶりの世界女王返り咲きの余韻が笑顔からにじみ出た。黒のパーカー姿で都内での会見に臨んだ真央は、「今年最後の試合で一番いい演技ができた。すごくうれしい。来年の世界選手権が楽しみです」。
 気持ちはすでに来季へと向けられていた。次回の世界選手権は、4年ぶりの地元開催。真央を後押しする日本連盟では、早くも男女連覇に向けて動き出す。会見に同席した常山正雄専務理事は、「来年は東京ですし、連覇したら報奨金が上がる可能性はあります」とボーナスの増額プランを明かした。
 07年の東京開催で安藤美姫(トヨタ自動車)が金メダルを獲得した際に、日本連盟が設定した世界選手権の報奨金制度(金メダル100万円、銀75万円、銅50万円)。毎年開催のため五輪(金300万円、銀200万円、銅100万円)との金額の差はやむを得ないが、地元開催となれば機運も盛り上がる。いまやジュニアも含めてフィギュア大国となったプライドを維持するためにも、“東京査定”の導入が本格検討されるのだ。
 真央陣営も連覇に万全を期す。来季からは在学する中京大(愛知・豊田市)を練習拠点とする意向で、真央は「バレエとかいろいろやってみたい」と意欲的。小、中学校時代には名古屋市内でバレエのレッスンを受けていたが、関係者は「豊田市内まで来てくれる先生がいたら」と“出張レッスン”可能な指導者を募る計画もある。
 「来年はジャンプのバリエーションも増やしたい。楽曲も今年は力強い曲だったので、違った曲にしたい」。2014年ソチ五輪への最初の一歩となる来季。周囲の刺激を受けながら、真央がまた大きくなる
sanspo.com/sports/news/100331/
03/30 真央「金メダル自信になった」大輔「4回転にこだわり続けたい」…一問一答
 イタリア・トリノで開催された、フィギュアスケートの世界選手権でアベック優勝を果たした女子の浅田真央(19)=中京大=と男子の高橋大輔(24)=関大大学院=が30日に帰国。東京都内のホテルで帰国会見に臨んだ。テレビ局が異例の生中継までした世界フィギュアの金メダリスト凱旋。浅田も高橋も、とことんやりきった満足感を表情ににじませた。

 ―大会を振り返って。
浅田「金メダルを取って自信になった。シーズン前半は悪かったけど、励ましの言葉やアドバイスで乗り越えられた。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を初戦からやってきてよかった。納得している」

 ―攻めの演技だった。
高橋「練習が十分できなくて、4回転を回避しようと思ったけど、負けず嫌いが出た。(決まれば世界初の)4回転フリップは挑戦したことが次につながる。理想の演技は4回転が入ったもの。こだわり続けたい」

 ―今季を総括すると。
高橋「けが明けで前半はうまくいかない状況が長い間続いたけど、五輪と世界選手権で二つのメダルを取るためにあった試練だった。今後も勝ち続けていければ本当の自分自身の力だと思う」

 ―来季に向けては。
浅田「一番大きな大会の世界選手権が東京であるので、いい演技をしたい。違うバリエーションのジャンプを入れたいし、バレエを観たり、やってみたり、いろいろなものをやっていきたい」
hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20100330

03/29 浅田真央「いつもトップに」 世界フィギュアで会見
フィギュアスケートの世界選手権で史上初となる日本勢アベック優勝を果たした女子の浅田真央(中京大)と男子の高橋大輔(関大大学院)が28日、イタリアのトリノで記者会見し、浅田は「4年前から五輪に向けて頑張ってきたので、これで一つの区切り。(今後も)強い選手、いつもトップにいる選手でい続けたい」などと語った。
バンクーバー冬季五輪では2位の浅田は今季限りでロシア人のタラソワ・コーチとの師弟関係を解消し、技術面の指導力を重視して日本人を中心に新コーチを探す予定。
右ひざの大けがから復活し、五輪でも銅メダルの高橋は、苦難の日々を経験したことで「どうして滑るのかを再確認できたし、(けがは)メダルを取る上で必然的なことだった」と振り返った。
 高橋は世界選手権2連覇を目標に掲げ、5月にも右ひざに埋め込んでいるボルトの除去手術を受ける意向を示した。
 会見前のエキシビションでは、浅田は軽快に、大トリで登場の高橋は、しっとりと滑った。フィナーレでは、高橋が浅田を放り投げるペアのスロージャンプに挑戦し、満員の会場を盛り上げた。
chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2010032901000171.html
真央の新体制、6月めどに新コーチ決定
フィギュア世界選手権エキシビション(28日、イタリア・トリノ)メダリストら上位が出場し、競技とはひと味違った演技で会場をわかせた。前日の女子フリーで、ショートプログラム(SP)2位から逆転優勝した浅田真央(19)=中京大=は来季以降、日本に拠点を移す。
 来季以降のコーチなど、真央の新体制は6月をめどに正式決定する見通し。新プログラムの振り付けを5月までに依頼しなければいけないため、まず振付師を人選。その後、コーチを決め夏前から本格練習を行う。真央は30日に凱旋(がいせん)帰国し、高橋とともに都内で会見する予定。4月3日に名古屋、4、5日に大阪でアイスショーが予定されている。
sanspo.com/sports/news/100329/
真央、大輔と“金タッグ”/フィギュア
フィギュア世界選手権エキシビション(28日、イタリア・トリノ)メダリストら上位が出場し、競技とはひと味違った演技で会場をわかせた。前日の女子フリーで、ショートプログラム(SP)2位から逆転優勝した浅田真央(19)=中京大=は来季以降、日本に拠点を移す。男子で同じく金メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=と一緒に練習する機会も増える見通しで、史上初の日本人アベックVの快挙を成し遂げた“世界最強タッグ”で、14年ソチ五輪(ロシア)での金を狙う。
リラックスした雰囲気でのエキシビション。真央が「カプリース」の調べに乗り扇子片手に優雅な舞いを披露すると、大トリで登場した高橋は、着物風衣装でしっとりと男の色気を醸し出した。フィナーレでは『世界女王』真央が『世界王者』高橋に抱きかかえられてスロージャンプに挑むなど、即席のペア演技を披露。初々しいながら息もぴったりの2人に大きな拍手が起きた。
前日のフリーでは、08年12月のGPファイナル(韓国・高陽)以来5大会ぶりに金妍児との直接対決を制し、2年ぶりに世界の頂点に。ライバルとのシニアでの対戦成績も4勝6敗とし、「自分の中で、パーフェクトに近い演技ができてうれしい」。銀に終わった五輪では見られなかった笑顔も広がった。真央の前には男子の高橋が金メダルに輝き、世界選手権日本選手史上初のアベック優勝。そんな“世界最強カップル”が手を取り合うことになる。
真央は優勝直後、「高橋選手が(金を)獲ったので、自分も頑張りたいと思いました」と話すなど、高橋の存在を刺激にしている。昨夏、何度か機会のあった高橋との合同練習がスケートに好影響を与えたことから、今後はその機会を増やしたい考え。「スピードのある男子と一緒に練習することは、真央にとってプラス。(高橋と)練習する機会が増えれば」と関係者も話す。
来季から中京大を本拠地に、腰を据えて2014年ソチ五輪への一歩を踏み出す真央にとって、同じ日本を拠点とする高橋は最高のパートナー。高橋サイドも「関大のリンクが使えない時は中京大リンクを使う。一緒にできれば」と前向きだ。
真央は来季からプログラムに3回転の2連続ジャンプを入れる考えで、4回転挑戦も見据える。新コーチは人選中だが、真央は「技術面をしっかり見てもらえる先生につきたい」と明言。第1希望は日本人コーチで、一部では高橋がジャンプの指導を受ける世界選手権2大会連続銅の本田武史氏(29)を技術面のコーチに、と推す声も上がっている。
 「五輪の悔しさは、この試合(世界選手権)では晴らせない」とも話した真央。激動のシーズンを終え、悲願の五輪金メダル獲りへ成長を期す4年間がまた始まる。
sanspo.com/sports/news/100329/



03/28 浅田、高橋ら華麗な舞=エキシビション、スロージャンプも−世界フィギュア
フィギュアスケート世界選手権の上位選手らによるエキシビションが28日、当地で行われ、日本勢史上初のアベック優勝を果たした女子の浅田真央(中京大)と男子の高橋大輔(関大大学院)が、華麗な演技で会場を魅了した。
 浅田はパガニーニの「カプリース」を扇子を手にして優雅に舞い、大トリを務めた高橋は試合とはひと味違う、しっとりした滑りを披露。フィナーレでは、高橋に抱きかかえられた浅田がスロージャンプに挑むというサービスもあった。
 優勝から一夜明けた浅田は「今季最後の試合のエキシビションなので楽しく滑りたいと思った」と笑顔。高橋は「何で僕がトリなんだろうと思って、試合より緊張した」と言いながらも、満喫した様子だった。女子4位の安藤美姫(トヨタ自動車)、女子2位の五輪女王、金妍児(韓国)も大きな拍手を浴びた。 
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329
真央、大輔 有終「金」の舞/フィギュア
フィギュアスケートの世界選手権の上位選手らによるエキシビションが28日、イタリアのトリノで行われ、史上初となる日本勢アベック優勝を果たした女子の浅田真央選手(19)=中京大=と男子の高橋大輔選手(24)=関大大学院=が、チャンピオンの風格漂う滑りで満員の観客を魅了した。
 浅田選手はスポットライトを浴びた氷上で笑みがこぼれる軽快な踊りを披露。高橋選手はオープニングでは出演選手がつくる輪の中心でスピンを見せ、大トリも飾った。
 女子4位の安藤美姫選手(22)=トヨタ自動車=も登場した。
.sanspo.com/sports/news/100329/
真央&大輔がスロージャンプ披露
28日はエキシビションが行われ、女子優勝の浅田は黒とピンクの衣装に身を包み、小道具の扇子を手にパガニーニの「カプリース」を披露。大トリに登場した男子優勝の高橋は、着物風の衣装で「Luv Letter」に乗って、しっとりと男の色気を醸し出した。フィナーレでは、ペアで男子が女子を投げるスロージャンプを高橋と浅田が披露。“黄金ペア”が会場を盛り上げた。
sponichi.co.jp/sports/news/2010/03/29/
エキシビションで華麗な演技=世界フィギュア フィギュアスケートの世界選手権のエキシビションが28日、当地で行われ、各種目のメダリストらが華麗な演技を披露した。
 日本勢では、女子で2年ぶり2度目の優勝を果たした浅田真央(中京大)や日本男子初優勝を遂げた高橋大輔(関大大学院)、女子4位の安藤美姫(トヨタ自動車)が登場。
 来年の次回大会は東京で開催される。
jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=20100328


03/28 浅田が逆転優勝、キム・ヨナ2位 10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)女子シングル・フリースケーティング(FS)。ショートプログラム(SP)で2位につけた浅田真央(Mao Asada、日本)が129.50点を記録し、合計197.58点で優勝した。
 浅田はスウェーデンのイエーテボリ(Gothenburg)で開催された2008年大会(ISU World Figure Skating Championships 2008)以来2年ぶり2度目の優勝を飾り、金妍児に敗れて銀メダルに終わったバンクーバー冬季五輪の雪辱を果たした。
 男子シングルは高橋大輔(Daisuke Takahashi)が制しており、今大会は日本勢が男女アベック優勝を飾った。
 2位には同190.79点で金妍児(Yu-Na Kim、キム・ヨナ、韓国)が、3位には同178.62点でラウラ・レピスト(Laura Lepisto、フィンランド)が入った。
 優勝候補だった金妍児は、2008年12月のGPシリーズ・ファイナル(Figure Skating Grand Prix Series Final 2008-09)以来の敗北を喫した。金妍児は同大会でも浅田に敗れ、2位だった。
 ミスの目立ったSPで7位と出遅れ、連覇のためには完璧な演技が必要だった金妍児は、ジョージ・ガーシュイン(George Gershwin)の「ピアノ協奏曲へ長調(Concerto in F)」に乗せて逆転を試みたが、トリプルサルコウで転倒、終盤にはダブルアクセルを回避するなど、合計点で自らがバンクーバー冬季五輪で記録した歴代最高得点に38点及ばなかった。
 SPで2位につけた浅田は、苦戦を強いられた金妍児を尻目にチャンスをものにした。
 浅田はセルゲイ・ラフマニノフ(Sergei Rachmaninov)の「鐘(The Bells)」に乗せて今大会女子選手でただ一人トリプルアクセルを成功さるなど、ミスなく演技をまとめ、合計点でライバル金妍児を6.80点上回った。
 3位に入ったレピストは世界選手権でフィンランドに初のメダルをもたらした。
 SPで首位だった長洲未来(Mirai Nagasu、米国)は合計175.48点で7位に終わった。
 日本勢は安藤美姫(Miki Ando)が4位、鈴木明子(Akiko Suzuki)は11位だった。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2713958/5544833
世界フィギュア・談話
◇ほっとしています
 鈴木明子 (SPの失敗が)頭をよぎったが、自分のいいものを見せようと滑ったので、最後まで気持ち良く滑れた。とりあえず、ほっとしています。
◇区切り付けたかった
 安藤美姫 気持ち良く滑れた。フリーのクレオパトラを完成形で滑りたいと思っていた。トリノは不安もあったが、自分のメンタルの弱さに区切りを付けたかった。
◇満足している
 金妍児 五輪が最大の目標だったので、ここでは楽しく滑りたいと思った。大変だったけど、来て良かった。今はシーズンが終わり、満足している。
◇五輪よりいい演技
 浅田真央 SPもフリーもほぼパーフェクトな演技ができたことが一番うれしい。五輪よりいい演技ができた。五輪の悔しさを晴らすのは五輪しかないと思ったが、ジャンプに関しては(五輪で)跳べなかったのを跳びたいと思った。それができて良かった。
.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=20100328
真央、世界フィギュア制す!男女アベックVの快挙達成
フィギュアスケートの世界選手権最終日は27日、イタリアのトリノで女子フリーを行い、バンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央(中京大)が2年ぶりの優勝を飾った。男子では高橋大輔が優勝しており、初の日本人アベック優勝となった。
前日のショートプログラム(SP)で2位に付けていた浅田は、トリプルアクセルの一つは回転不足と取られたが、安定した演技で終了後は笑顔を弾けさせた。浅田はフリーで129・50点を獲得し、SPの68・08点との合計で197・58点をマークした。
SPで7位と大きく出遅れていた金妍児はジャンプでの転倒などが響き、合計190・79点と自身が五輪で記録した228・56点に遠く及ばず2位。3位には178・62点を獲得したフィンランドのラウラ・レピストが続いた。
 SP11位の安藤美姫はフリーで122・04点を記録し、合計で177・82点の4位、鈴木明子は160・04点で11位だった。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328


03/27【世界フィギュア】アイスダンス、カナダ組が五輪との2冠
 アイスダンスはカナダのバーチュー、モイヤー組がバンクーバー五輪との2冠に輝いたものの、フリーでは同五輪2位のデービス、ホワイト組(米国)がスピード感あふれる演技でわずかに上回った。
 両組は同じコーチに師事する門下生同士で、4選手とも20代前半と先は長い。だが来季以降について米国組は「まだまだ闘争心の炎が燃えている」(ホワイト)と競技を続ける意向なのに対し、優勝のカナダ組は「時間をかけていろいろな選択肢を考える」(バーチュー)と明言を避けた。
sankei.jp.msn.com/sports/other/100327/
ヴァーチュー/モイア組が初優勝、10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)アイスダンス・フリーダンス(FD)。バンクーバー冬季五輪で金メダルを獲得したテッサ・ヴァーチュー(Tessa Virtue)/スコット・モイア(Scott Moir)組(カナダ)が、110.03点を記録し、合計224.43点で初優勝した。
 2位には同223.03点でメリル・デイビス(Meryl Davis)/チャーリー・ホワイト(Charlie White)組(米国)が、3位には同197.85点でフェデリカ・ファイエラ(Federica Faiella)/マッシモ・スカリ(Massimo Scali)組(イタリア)が入った。
 バンクーバー冬季五輪で北米大陸のペアとして初めて金メダルを獲得したヴァーチュー/モイア組は、グスタフ・マーラー(Gustav Mahler)の「交響曲第5番(Symphony No. 5)」に乗せた演技でモイアが回転でミスを犯したが、コンパルソリーダンス(規定、CD)とオリジナルダンス(OD)で手にしたリードを守り、デイビス/ホワイト組に1.40点差をつけて優勝した。
 アンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)の「オペラ座の怪人(Phantom of the Opera)」に乗せて演技したデイビス/ホワイト組は、驚くべき速さの複雑な足の運びとステップで自己ベストとなる110.49点を記録した。
 ファイエラ/スカリ組は、9度目の出場で初めて表彰台入りを果たした。 
 日本のキャシー・リード(Cathy Reed)/クリス・リード(Chris Reed)組は、合計154.93点で15位だった。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/
女子SP 長洲が首位 浅田2位 キム・ヨナは7位、10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)女子シングル・ショートプログラム(SP)。長洲未来(Mirai Nagasu、米国)が70.40点で首位に立った。
 2位には68.08点でバンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央(Mao Asada、日本)が、3位には64.30点でラウラ・レピスト(Laura Lepisto、フィンランド)がつけた。
 バンクーバー冬季五輪で金メダルを獲得した金妍児(Yu-Na Kim、韓国、キム・ヨナ)は、同五輪で記録した世界最高得点(78.50)をはるかに下回る60.30点で7位と出遅れた。
 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン(Pirates Of The Caribbean)』の音楽に乗せて演技に入った長洲は、SPで初めて3回転-3回転を成功させ、自己ベストを約5点伸ばした。大会2連覇を目指す金妍児と首位の長洲との得点差は10.10点。
 08-09シリーズのGPファイナル(Figure Skating Grand Prix Series Final 2008-09)で敗れて以来無敗を誇り、優勝候補の大本命として今大会に臨んだ金妍児は、3回転ジャンプやスパイラルなどで失敗し、大きな犠牲を払うミスを犯した。演技後に金妍児は足に問題があったことを明かしている。
 アラム・ハチャトゥリアン(Aram Khatchaturian)の「仮面舞踏会(Waltz Masquerade)」に乗せて演技した浅田も、自己ベストには及ばなかった。
 08年の世界選手権(ISU World Figure Skating Championships 2008)で優勝した浅田は、トリプルアクセル(3回点半ジャンプ)が2回転と判定され、バンクーバー冬季五輪で記録した73.78点を上回ることが出来なかった。
 07年大会覇者の安藤美姫(Miki Ando、日本)は出だしのジャンプで転倒し55.78点で11位、鈴木明子(Akiko Suzuki、日本)は48.36点で20位だった。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/
真央SP2位、ヨナまさかの7位/フィギュア
フィギュアスケート世界選手権第4日(26日、イタリア・トリノ)女子ショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央(19)=中京大=は2位につけた。バンクーバー五輪金メダルの金妍児(韓国)は大きく出遅れて7位。バンクーバー五輪4位の長洲未来(米国)が首位に立った。
浅田は連続ジャンプのトリプルアクセルが回転不足と判定され68.08点。安藤美姫(22)=トヨタ自動車=は冒頭の連続ジャンプで転倒し55.78点の11位、鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=は48.36点の20位だった。
練習から精彩を欠いていた金妍児はジャンプのミスなどがあり、得点が伸びず60.30点。SP首位に立ったのは長洲で、自己ベストを更新する70.40点を獲得した。3位はラウラ・レピスト(フィンランド)で64.30点だった。日本選手の3人とも27日に行われるフリーに進んだ。
浅田真央の話
「(3回転半で)回転不足は取られたが、フリーにつながる出来。ジャンプがもう少し高く跳べていたら回りきっていた。気持ち的にはいい感じでフリーに臨める」
安藤美姫の話
「(3回転の転倒は)ちょっと力んだのか(スケートの刃が氷に)引っ掛かった。ミスはすごく残念。今季最後のフリーなので観客の心に残る演技をしたい」
鈴木明子の話
「思い切ってやろうと思ったが、自分のジャンプの感覚がしっくり来ていない部分があった。考えすぎてしまった」
金妍児の話
「何が起きたのかよくわからない。スピンとスパイラルの要素が完全に抜け落ちたのは初めて。五輪の後、ここで戦うのはちょっと怖かった」
sanspo.com/sports/news/100327/
フィギュアSP、真央2位・未来1位・ヨナ7位
 フィギュアスケートの世界選手権は26日、イタリアのトリノで行われ、女子ショートプログラム(SP)でバンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(中京大)は68・08点で、2位スタートとなった。
 同五輪金メダリストの金妍児(キムヨナ)(韓国)は、60・30点で7位と大きく出遅れた。
 両親が日本人で、同五輪4位の長洲未来(米)が70・40点で首位に立った。
yomiuri.co.jp/sports/news/20100327

03/26 チャンとジュペ、2位と3位で満足/フィギュア
フィギュアスケート世界選手権第3日(25日、イタリア・トリノ)SP2位のチャンと同3位のジュベールはジャンプで転倒や着氷の乱れがあり、高橋に大きく引き離された。
 ただ、2人とも結果には満足そう。チャンは「不本意な結果(5位)だった五輪の後で、銀メダルを取れるとは思っていなかった」と話し、五輪16位と惨敗した元世界王者のジュベールも「4回転ジャンプに2回成功した。順位は重要じゃない」と胸を張った。
sanspo.com/sports/news/100326/
世界フィギュア・談話
◇楽しく滑れた
 高橋大輔 楽しく滑ることができた。(4回転フリップは)跳ぶ瞬間につまずいてしまって百パーセントではなかったが、この場で挑戦できたのはよかった。(優勝は)いいステップになるし、自信になる。
◇まだ力不足
 小塚崇彦 4回転ジャンプは跳ぶつもりでしかいなかったので、(失敗して)後に響いた。最初から最後までいいところがなかった。まだ力不足。もっと実力をつけたい。
.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=20100326
・[伊語]Mondiali pattinaggio: secondo oro asiatico 日本語翻訳頁[URL入力別] )
・[伊語]Mondiali Pattinaggio - Il suo nome è Daisuke Takahashi...
・[伊語]Trionfa Daisuke Takahashi日本語翻訳頁[URL入力別] )
・[伊語]Mondiali Pattinaggio - Daisuke I, imperatore del Giappone日本語翻訳頁[URL入力別] )
・[英語]Japan's Takahashi wins men's gold(日本語翻訳頁[URL入力別] )
高橋が初優勝、10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)男子シングル・フリースケーティング(FS)。ショートプログラム(SP)で首位に立った高橋大輔(Daisuke Takahashi、日本)が168.40点を記録し、合計257.70点で優勝した。世界選手権で日本人男子選手が優勝するのは初めて。
 2位には同247.22点でパトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)が、3位には同241.74点でブライアン・ジュベール(Brian Joubert、フランス)が入った。
 SPで4位につけた小塚崇彦(Takahiko Kozuka、日本)は、合計216.73点で10位だった。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/
高橋が金メダル=日本男子初の快挙−世界フィギュア
 フィギュアスケートの世界選手権第3日は25日、当地で行われ、男子でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=がショートプログラム(SP)に続きフリーでも1位となり、合計257.70点で日本男子初優勝を果たした。世界選手権では高橋自身が2007年大会で銀メダルを獲得したのがこれまでの最高成績だった。日本女子は1989年伊藤みどり、94年佐藤有香、04年荒川静香、07年安藤美姫、08年浅田真央の5人が優勝している。
 小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=はSP4位、フリー12位の合計216.73点で10位だった。
jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=20100326
【世界フィギュア】高橋大輔が日本男子初の金メダル 史上初の4回転フリップも
イタリアのトリノで開催されているフィギュアスケートの世界選手権で25日(日本時間26日)、男子のフリー演技が行われ、バンクーバー冬季五輪の銅メダリストで24日のショートプログラム(SP)で首位に立っていた高橋大輔(24)=関大大学院=が168.40点をマーク、合計257.70点で世界選手権日本男子初の金メダルを獲得した。
 イタリア映画「道」のテーマに乗った高橋は、出だしの大技、男子でも世界大会史上初となる4回転フリップで着氷。パントマイマーのような表現力にスタンドも手拍子でこたえ、後半のトリプルアクセルもピタリと決めた。
 ライバルのジュベール(フランス)が4回転ジャンプを2度成功させながらトリプル・ルッツで転倒。無難な演技構成で臨んだはずのパトリック・チャン(カナダ)もジャンプで失敗していた。
 バンクーバー五輪後、練習不足で体重が2キロ増えたといい、「モチベーションを上げるのが大変だった」という高橋だが、五輪の金、銀メダリストが世界選手権を回避するなか、見事に調子を合わせてきた。
 世界選手権での日本男子の過去の最高成績は、2007年の高橋の2位だった。
sankei.jp.msn.com/sports/other/100326/oth100326
ヴァーチュー/モイア組が首位守る、10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)アイスダンス・オリジナルダンス(OD)。コンパルソリーダンス(規定、CD)で首位に立ったテッサ・ヴァーチュー(Tessa Virtue)/スコット・モイア(Scott Moir)組(カナダ)が70.27点を記録し、合計点114.40点で首位を守った。
  2位には同112.54点でメリル・デイビス(Meryl Davis)/チャーリー・ホワイト(Charlie White)組(米国)が、3位には同100.01点でフェデリカ・ファイエラ(Federica Faiella)/マッシモ・スカリ(Massimo Scali)組(イタリア)がつけた。
 ヴァーチュー/モイア組はドラマチックなフラメンコを披露し、2位のデイビス/ホワイト組に約2点差をつけ、初優勝に一歩前進した。
 日本のキャシー・リード(Cathy Reed)/クリス・リード(Chris Reed)組は、同75.19点で16位につけている。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2713253/5536567
真央45番目、鈴木はまたもヨナ直後の52番目…世界フィギュア
 フィギュアスケートの世界選手権で26日に実施する女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が25日にあり、バンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央(19)=中京大=は55人中45番となり、最終組で51番の五輪金メダルの金妍兒(キム・ヨナ、19)=韓国=とは別の組に入った。
 安藤美姫(22)=トヨタ自動車=は47番で浅田と同組。鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=はバンクーバー五輪と同じく金妍児の直後の52番に決まった。長洲未来(16)=米国=は50番で滑る。
 浅田真央「(組の2番目で)五輪と一緒なので良かった。五輪では目標としていたSPとフリーの両方をパーフェクトにする演技ができなかったので、しっかりとやりたい」
 金妍児「望み通りの順番になった。どのグループになっても、最初の方で滑りたかった。(最終グループで)2番目なら十分に早い」
 安藤美姫「滑走順は、最後だった五輪よりはいいかな。今季最後の試合なので思い切りいくしかない。それで表彰台に乗れたら幸せ。五輪よりもいい演技を目標にやりたい」
 鈴木明子「五輪と同じヨナ(金妍児)の後。五輪ではミスがあったので、もう一度この順番でやり直し、と言われてるのかな。いい練習ができているので、この調子のまま試合に臨みたい」
hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20100325


03/25 ホウ清/トウ健が2度目の優勝、川口組3位 10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)ペア・フリースケーティング(FS)。ショートプログラム(SP)で首位に立った中国のホウ清(Qing Pang、クィン・パン)/トウ健(Jian Tong、ジャン・トン)組が、合計211.39点で4年ぶり2度目の優勝を果たした。
 バンクーバー冬季五輪で銀メダルを獲得したホウ清/トウ健組は、久石譲(Joe Hisaishi)の「見果てぬ夢(Impossible Dream)」に乗せて演技し、FSでも首位となる136.11点を記録、大会2連覇中のアリオナ・サフチェンコ(Aliona Savchenko)/ロビン・ショルコウィー(Robin Szolkowy)組(ドイツ)に6.65点差をつけて優勝した。
 2位には合計204.74点でドイツのアリオナ・サフチェンコ/ロビン・ショルコウィー組、3位には合計203.79点でロシアの川口悠子(Yuko Kawaguchi)/アレクサンドル・スミルノフ(Alexander Smirnov)組が入った。
 川口/スミルノフ組はSPでは2位だったが、サフチェンコ/ショルコウィー組に逆転を許した。
 4位には合計197.39点でロシアのマリア・ムホルトワ(Maria Mukhortova)/マキシム・トランコフ(Maxim Trankov)組が入った。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2713033/5533933
男子SP 高橋が首位 織田はFSに進めず、 10世界フィギュア
10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)男子シングルス・ショートプログラム(SP)。バンクーバー冬季五輪の銅メダリスト、高橋大輔(Daisuke Takahashi、日本)が、89.30点でトップに立った。
 バンクーバー五輪のメダリストでただ一人今大会に出場している高橋は、リスクの高い4回転ジャンプを回避したが、SPで首位に立ち日本人男子初の世界選手権制覇に一歩前進した。
 2位には87.80点でパトリック・チャン(Patrick Chan、カナダ)、3位には87.70点でブライアン・ジュベール(Brian Joubert、フランス)、4位には84.20点で小塚崇彦(Takahiko Kozuka、日本)がつけた。
 ジャンプをすべて失敗した織田信成(Nobunari Oda、日本)は50.25点で28位に終わり、フリースケーティング(FS)に進むことができなかった。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2712974/5532904
世界フィギュア・談話
◇体硬かった
 織田信成 体が硬かった。6分間練習ではいい感じで動いていたが、頭の方がうまく回っていなかった。自分では集中していたつもり。一つの失敗が次の不安につながった。
◇順位は気にせず
 高橋大輔 モチベーションを上げるのが大変で、練習も不足していたが、その割にはミスなく滑れたのでよかった。順位は気にせず、フリーも自分の滑りだけを考えてやりたい。
◇パーフェクトにやれた
 小塚崇彦 パーフェクトにミスなくやれたのがうれしい。欲を言えばもっと点数が欲しかったが、フリーで稼げればいい。落ち着いている中で、攻める気持ちも忘れずにできた。
jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=20100325
高橋SP首位 世界フィギュア
フィギュアスケートの世界選手権第2日は24日、当地で男子ショートプログラム(SP)があり、バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大大学院)は89・30点でトップに立ち、日本男子初の優勝に向けて好発進した。
 五輪8位の小塚崇彦(トヨタ自動車)は自己最高の84・20点で4位につけた。五輪7位の織田信成(関大)はすべてのジャンプで失敗して50・25点の28位に終わり、上位24人で争う25日のフリーに進めなかった。五輪5位のパトリック・チャン(カナダ)が87・80点で2位、元世界王者のブライアン・ジュベール(フランス)が87・70点で3位。引き続きペアのフリーを実施。
 ▽男子ショートプログラム (1)高橋大輔(関大大学院)89・30点(2)チャン(カナダ)87・80点(3)ジュベール(フランス)87・70点(4)小塚崇彦(トヨタ自動車)84・20点(28)織田信成(関大)50・25点
◆貫禄情熱の舞
 アコーディオンの音色に乗り、高橋が情熱的に舞った。得意のSP。五輪直後で「モチベーションを上げるのは大変だった」というが、曲がかかると自然にスイッチは入った。すべてのジャンプを完ぺきに跳び、見せ場のステップでは最高のレベル4を獲得。会場を自分の世界に引き込み、高得点をたたき出した。
 バンクーバー五輪で日本男子初の銅メダルを獲得。右ひざの大けがを克服してたどり着いた表彰台だった。「シーズンが始まってからオリンピックのことしか考えていなかった」。エースの重圧を背負った五輪を戦い終え、心の糸が切れたのも当然のこと。閉会式までバンクーバーに滞在。現地のリンクで練習は続けたが、身は入らなかった。
 「思った以上に上がらなくて苦労した」。ようやく気持ちに火が付いたのは20日にトリノ入りしてから。五輪金、銀メダリストが不在で日本男子初の優勝は目の前に。「大きなミスなくまとめられた」。体重は2キロほど増え、滑りに五輪ほどの切れはなかったがメダリストの貫禄(かんろく)を見せた。
 25日のフリーで快挙に挑む。上位3人が2点差以内にひしめく。4回転ジャンプ挑戦の判断はギリギリまで感触をみる。「SPも順位を気にせずにやった。フリーもあまり考えずにやりたい」。無心で頂点をつかみとる。
◆自己最高点小塚4位
 小塚は自己ベストをマーク。演技後は右手で、得点が出ると今度は両手でガッツポーズをみせた。「何よりもパーフェクトにできたのが自分の中ではうれしい」。笑みがこぼれた。
 冒頭から2連続3回転ジャンプとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を鮮やかに決めた。持ち前のスピード感あふれるスケーティングに加え、ステップなどでは上半身を大きく使ってロックの激しさを表現。5項目の演技点もすべて7点台の高評価を得た。伸び盛りの21歳。初の五輪をステップととらえ、今大会に向けてしっかり練習を積んできた。表彰台を射程にとらえて臨むフリー。「気持ちを切り替えて今日みたいな演技をするだけ」と意気込んだ。
◆織田、フリーに進めず
 織田は最初のトリプルアクセルが1回転半になると続く3回転ジャンプが2度とも1回転に。まさかのミスが続き、28位に沈んだ。トリプルアクセルは演技直前の練習でも失敗。「気にしてしまってそれが全部の失敗につながった」と肩を落とした。
 バンクーバー五輪では靴ひもがほどけるアクシデント。今大会にかけてきたがフリーにも進めず、今季最終戦を終えた。「今はポカーンって感じ」。演技後はまだ結果を受け止められない様子だった。
chunichi.co.jp/article/sports/news/CK20100325
03/24 ホウ清/トウ健組がペアSP首位、川口組は2位 10世界フィギュア
世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)は23日、イタリアのトリノ(Turin)でペアのショートプログラム(SP)が行われ、75.28点で中国のホウ清(Qing Pang、クィン・パン)/トウ健(Jian Tong、ジャン・トン)組が首位に立った。
 2位には73.12点でロシアの川口悠子(Yuko Kawaguchi)/アレクサンドル・スミルノフ(Alexander Smirnov)組が、3位には69.52点でドイツのアリオナ・サフチェンコ(Aliona Savchenko)/ロビン・ショルコウィー(Robin Szolkowy)組がつけた。
.afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2712137/5530579
ヴァーチュー/モイア組が首位発進、10世界フィギュア
世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)は23日、イタリアのトリノ(Turin)でアイスダンスのコンパルソリーダンス(規定、CD)が行われ、44.13点でカナダのテッサ・ヴァーチュー(Tessa Virtue)/スコット・モイア(Scott Moir)組が首位に立った。
 2位には43.25点で米国のメリル・デイビス(Meryl Davis)/チャーリー・ホワイト(Charlie White)組が、3位には40.85点でイタリアのフェデリカ・ファイエラ(Federica Faiella)/マッシモ・スカリ(Massimo Scali)組がつけた。
 日本のキャシー・リード(Cathy Reed)/クリス・リード(Chris Reed)組は転倒し24.78点と出遅れた。
afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2712136/5529392
03/23 真央、ヨナに雪辱狙う 高橋に好機 フィギュアスケート世界選手権
フィギュアスケートの世界選手権が23日から開幕する。有力選手の欠場が相次いだ男子は、先月行われたバンクーバー冬季五輪銅メダリストの高橋大輔(関大大学院)が日本男子初の優勝を目指し、女子では同五輪で金メダルに輝いた金妍児(キム・ヨナ)(韓国)と銀メダルの浅田真央(中京大)の再戦に注目が集まる。
 今大会の本番会場は2006年トリノ冬季五輪が開かれたパラベラ競技場。21日から公式練習が始まり、高橋が日本勢の先陣を切って氷の感触を確かめた。
 五輪、世界選手権、グランプリ(GP)ファイナルという三つある世界大会で頂点に立ったことがない高橋にとって、今大会は“ビッグチャンス”の到来だ。バンクーバー金メダリストのライサチェク(米)、同銀メダルのプルシェンコ(ロシア)、4位のランビエル(スイス)、6位のウィア(米)と有力選手が軒並み欠場したからだ。
 ただ、高橋に「守り」に入る姿勢はない。21日の公式練習では、国際競技会でまだ誰も決めたことがない4回転フリップに3度挑戦した。いずれも失敗したが、長光歌子コーチは「限界は作らせたくない」。男子が通常4回転を跳ぶ時のトーループジャンプよりも難しいジャンプで、これを実戦で試す可能性がある。
 バンクーバー7位の織田信成(関大)、同8位の小塚崇彦(トヨタ自動車)も五輪の上位がいないだけに表彰台を狙える。日本男子の複数メダルも夢ではない。
 日本女子のエース、浅田はバンクーバーと同じく試合直前まで日本で調整するスタイルを貫き、23日に当地に入る予定だ。一方の金妍児は1992年アルベールビル五輪で金メダルを獲得し、その直後の世界選手権も制したヤマグチ(米)以来の五輪、世界選手権の連勝という快挙に挑む。さらに、金妍児が世界選手権2連覇を果たせば、自身のあこがれのスケーターであるクワン(米)が2000、01年に成し遂げて以来の連覇になる。現状、金妍児の快進撃に「待った」をかけられる存在は、浅田だけだ。男子は24日、女子は26日からショートプログラムが始まる。
.asahi.com/sports/spo/TKY20100323
世界フィギュア23日開幕 美姫は連続3回転、高橋は新4回転に挑戦
フィギュアスケートの世界選手権が23日、イタリアのトリノで開幕する。22日の公式練習では、安藤美姫が2連続3回転ジャンプに挑戦。鈴木明子も明るい表情をみせた。
 プルシェンコの大会回避などで優勝の期待も高まる高橋大輔はこの大会で、成功すれば史上初となる4回転フリップに挑戦する予定。アイスダンスのリード組も調整に余念がなかった。織田信成もまずまずの調子をみせた。
 バンクーバーの銀メダリスト、浅田真央は23日に現地入りする。ライバルの金ヨナは公式練習のリンクでも余裕の表情をみせていた。
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100323


03/22 フィギュア:23日から世界選手権 イタリアのトリノで
 フィギュアスケートの世界選手権は23日、イタリアのトリノで開幕する。21日は公式練習が始まり、日本男子初の優勝が期待されるバンクーバー冬季五輪銅メダリストの高橋大輔(関大大学院)は、成功すれば国際スケート連盟主催の大会で史上初となる4回転フリップに3度挑戦したが、成功はなかった。
 これまで4回転トーループを跳んできた高橋は、得意のフリップでの挑戦を視野に入れている。
 イタリアのミラノで事前合宿してきた安藤美姫(トヨタ自動車)は、2連続3回転ジャンプを跳ぶなど、まずまずの調子。鈴木明子(邦和スポーツランド)はフリーの曲を流してジャンプやステップを確認した。
 男子の織田信成(関大)と小塚崇彦(トヨタ自動車)は休養日だった。
 ◇高橋大輔に優勝のチャンス
 23日にイタリアのトリノで開幕するフィギュアスケートの世界選手権は、男子で有力選手の欠場が相次ぎ、バンクーバー冬季五輪銅メダリストの高橋大輔(関大大学院)に、日本男子で初の優勝を手にする千載一遇のチャンスが巡ってきた。
 五輪覇者で世界選手権2連覇が懸かっていたエバン・ライサチェク(米国)に続き、大会直前には五輪2位のエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)も出場を回避。同4位だったステファン・ランビエル(スイス)も不在で、2007年に日本男子最高の銀メダルを獲得した高橋が、優勝候補の筆頭として臨む。
 五輪では日本男子初のメダル獲得と快挙を達成したが「100%の力を出し切れなかった。世界の頂点は取っていない」と悔しさも感じた。今季最終戦は、その思いをぶつける好機だ。
 21日の公式練習では、フリーでの鍵となる4回転ジャンプを、これまでのトーループではなく、さらに高難度で、成功すれば世界初となるフリップで挑戦した。転倒や回転不足で成功はなかったが、国内の練習では着氷したこともあるという。
 長光歌子コーチは「回転不足で転倒すれば、どっちで跳んでも点数はほぼ一緒。来季も見据えてフリップに挑戦している。限界はつくりたくない。フリップは安定感があるので様子を見て(やるか)決めたい」と話した。
 ◇世界フィギュア男子の参加状況
× (1)ライサチェク 米   国
× (2)プルシェンコ ロ シ ア
○ (3)高橋大輔   関大大学院
× (4)ランビエル  ス イ ス
○ (5)チャン    カ ナ ダ
× (6)ウィア    米   国
○ (7)織田信成   関   大
○ (8)小塚崇彦   ト ヨ タ
(注)○は出場、×は欠場。丸数
字はバンクーバー冬季五輪の順位。トヨタはトヨタ自動車    
mainichi.jp/enta/sports/news/20100323
03/21 【世界フィギュア】公式練習が始まる 世界選手権
23日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権の公式練習が21日、イタリアのトリノで始まった。
 日本からはバンクーバー五輪代表がそのまま出場し、男子の同五輪銅メダリスト、高橋大輔(関大大学院)は有力選手の欠場もあって初優勝の期待が高まる。バンクーバーで女王に輝いたキム・ヨナ(韓国)との再戦に注目が集まる五輪銀メダルの浅田真央(中京大)は23日に現地入りする予定。
 男子は24日、女子は26日にショートプログラムを実施する。
sankei.jp.msn.com/sports/other/100321/
真央とヨナ 再戦 五輪リベンジ
フィギュアスケートの世界選手権が23日にイタリアのトリノで開幕する。メダルが期待される日本勢は男女ともバンクーバー五輪代表が出場。女子では、五輪銀メダルの浅田真央(中京大)が雪辱を目指し、女王・キム・ヨナと再戦する。男子では五輪銅メダルの高橋大輔(関大大学院)が日本男子初の優勝を狙う。
 浅田は、五輪女子で初めて3度成功させたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で再び勝負を挑む。大差で敗れた五輪はフリーの終盤のジャンプでミスが出たが、今回は完ぺきな演技で得点を伸ばしたい。キム・ヨナは今季限りで引退する可能性があり、今回が最後の対決になるかもしれない。
 五輪5位の安藤美姫(トヨタ自動車)もメダル争いに絡む力はある。五輪のショートプログラム(SP)で回転不足を取られた2連続3回転ジャンプが決まれば高得点が狙える。鈴木明子(邦和スポーツランド)は五輪8位に続く上位を目指す。五輪銅メダルのジョアニー・ロシェット(カナダ)は出場しない。
 男子はエバン・ライサチェク(米国)、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)の五輪金、銀メダリストが不参加。優勝候補筆頭に挙がる高橋は五輪のフリーで転倒した4回転ジャンプがカギになる。織田信成(関大)、小塚崇彦(トヨタ自動車)も表彰台は射程圏内。五輪5位のパトリック・チャン(カナダ)、ジェレミー・アボット(米国)らがライバルになる。
tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK20100321
03/19 浅田、五輪の雪辱へ=高橋は日本男子初の金なるか−世界フィギュア
 フィギュアスケートの世界選手権は23日からイタリア・トリノで開催される。日本勢は男女ともバンクーバー五輪代表が出場。女子では五輪で銀メダルだった浅田真央(中京大)が、連覇を狙う五輪金メダルの金妍児(韓国)への雪辱を目指す。五輪男子銅メダルの高橋大輔(関大大学院)は、日本男子初の優勝に挑む。
 浅田は五輪の敗北で涙に暮れた。金妍児は今季限りでの競技引退も取りざたされ、最後の直接対決になるかもしれない。金妍児が五輪で残した女子歴代最高の228.56点を目標に据え、「超せるぐらいの選手になりたい」と気持ちを切り替えた。
 五輪ではショートプログラム、フリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を計3度成功させる女子初の快挙を遂げながら、大差で敗れた。フリーでは他のジャンプを2度ミスしており、完ぺきに演じてもう一度勝負したい。
 男子は昨季王者で五輪金メダルのエバン・ライサチェク(米国)がエントリーせず、2007年銀メダルの高橋にも優勝のチャンスはある。五輪で転倒した4回転を決めて流れに乗りたい。
 女子で昨年3位の安藤美姫(トヨタ自動車)、男子で06年4位の織田信成(関大)もメダル争いに絡む力がある。バンクーバー五輪で初めて4回転を成功させて8位に入賞した男子の小塚崇彦(トヨタ自動車)は昨年の6位を、女子で初出場の鈴木明子(邦和スポーツランド)は五輪の8位を上回りたい。
.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=20100319
03/17 平井理央アナ、“金”ネイルで日本選手を応援
フジテレビジョンはトリノで開幕するフィギュアスケート今季最終戦、世界選手権2010(23日〜28日)の放送を記念して、人気ネイルサロン「ネイルクイック」(http://www.nailquick.co.jp/)とのコラボキャンペーンを実施する。
 「ネイルクイック」は17日から28日までの12日間、首都圏の店舗で、春らしいパステルピンクをベースに金メダルをイメージしたスタッズやスケート靴をあしらったコラボネイルを展開。期間中には来店した人に、女性誌を中心に活躍中のイラストレーター、吉岡香織さんが日本代表選手をイメージして作成した、春らしいビビットなオリジナルメッセージカードをプレゼントする。
 キャンペーンに先駆け、フジテレビの平井理央アナ(27)が16日、ネイルクィック渋谷店でコラボネイルを体験。普段からピンク系のネイルを愛用しているという平井アナは「フィギュアは冬のイメージで白色を想像していたけど、このネイルは春らしく上品で華やか。スケート靴も紐の部分まで細かく描かれていてかわいい」と目を輝かせた。
 大会はバンクーバー五輪で好成績を残した日本選手に注目が集まるが現地から五輪をリポートした平井アナは「惜しくも銀メダルに終わり涙を流した浅田真央選手にはショートプログラム(SP)とフリー(FS)ともにノーミスの演技で優勝して欲しい」と熱い眼差しでエールを送った。
sankei.jp.msn.com/entertainments/media/100317/
03/10 ウェアが世界選手権を欠場
2010年バンクーバー冬季五輪、フィギュアスケート男子シングルで6位だったジョニー・ウェア(Johnny Weir、米国)が9日、イタリアのトリノ(Turin)で開催される世界選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010、22日から28日まで)を欠場すると発表した。
 ウェアに代わり、世界ジュニア選手権(ISU World Junior Figure Skating Championships)で2度優勝しているアダム・リッポン(Adam Rippon)が同大会に出場する。
 ウェアは「世界選手権出場が自分にとってプラスにならないと判断した。大会の重要性は理解しているが、今回は短期間の休暇が個人的に有益だと感じている」と欠場を説明している。
 2008年大会で3位に入っているウェアは、今後数か月をトレーニングに費やすことを明らかにしている。
 ウェアは「戦略と目標の見直しに時間を使わなければならない。技術を再び磨いた後は復活することを皆さんに保証する」と話している。
 リッポンは2010年、全米選手権では5位、韓国で開催された四大陸選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2010)では優勝している。
.afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/

初回設定日:2009.12.27
| RingOnIce | 世界選手権 | - | - |