フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
フィギュアスケートグッズ



宮原知子の英語術 スケートと英語のさとこチャレンジ (日本語)

発売日:2020/3/28
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
オクサナ・ドムニナ/マキシム・シャバリン組関連(2009/2010シーズン)
オクサナ・ドムニナ/マキシム・シャバリン組関連(2009/2010シーズン)

ISU-Biography

2009/2010シーズンプログラム
OD:Aboriginal Dance (arrangement by Alexander Goldstin)
FD:
The Double Life of Véronique (soundtrack) by Zbigniew Preisner (arranged by Alexander Goldstin)
Requiem for a Dream (soundtrack) by Clint Mansell
The Double Life of Véronique (soundtrack) by Zbigniew Preisner

テレビYouTube - Oksana DOMNINA - Maxim SHABALIN(動画サイト)

1/25 露選手の大胆な衣装に豪先住民が反発
来月12日(日本時間13日)に開幕するバンクーバー冬季五輪に向け、フィギュアスケートのロシア選手が披露した大胆な衣装が物議を醸している。モデルとされたオーストラリアの先住民は「侮辱だ」と反発し、開催国カナダの先住民団体も「本当にがっかりした」と声を上げた。
 問題となったのはアイスダンスで昨シーズンの世界選手権を制したオクサナ・ドムニナ(25)とマキシム・シャバリン(28)の衣装。前哨戦となる欧州選手権(エストニア)で五輪向けのオリジナルダンスとして、オーストラリアの先住民族アボリジニを参考にした衣装と踊りを披露した。審判団からは高い評価を受け、最終的にロシア組は優勝した。五輪でも有力な金メダルの候補とされている。
 しかし、褐色の肌を表す全身スーツに、木の葉をイメージした腰巻きをつけた衣装のデザインなどが「侮辱的で文化を冒とくしている」とオーストラリア先住民が非難。これをカナダ、米国などメディアが一斉に報じた。カナダでは今回の五輪で先住民の地位向上を掲げているため、先住民協会のテワニー・ジョセフ最高経営責任者も「本当にがっかりした。我々の居住区に来るロシアペアには、気持ちよく過ごしてほしいが、同時に我々の文化も教えたい」と、不快感をあらわにした。
 ロシアペアに他意はなく、反発には困惑しているというが、欧州選手権の優勝で「すべてが計画通り。五輪が楽しみだ」と自信も見せている。演技内容の変更は日程的にも難しく、このまま五輪に臨む可能性は濃厚で、さらに論議を呼ぶのは避けられそうもない。
news.livedoor.com/article/detail/4567090/
先住民衣装、バンクーバーでも波紋=ロシアのアイスダンスペア
 フィギュアスケートの欧州選手権を制したロシアのアイスダンスペアが演技で着用したオーストラリアの先住民「アボリジニ」をモチーフにした衣装が、バンクーバーでも波紋を呼んでいる。今回の冬季五輪開催にはカナダの複数の先住民が準備段階から深くかかわっているからだ。
 昨季世界選手権覇者のオクサナ・ドムニナ、マキシム・シャバリン(ロシア)組は、民族音楽が課題テーマのオリジナルダンス(OD)に、腰巻きに葉っぱ、ボディーペイントを施したような衣装で臨んだ。これを豪州の先住民が厳しく批判。同ペアはロシア代表としてバンクーバー五輪に出場するため、カナダの四つの先住民協会も即座に反応した。
 同協会のジョセフ最高責任者は「彼らが実際に豪州でアボリジニに会い、文化を肌で学んだと思いますか?」と地元紙に語り、2人が先住民について深く理解していないことを問題視。同ペアにカナダ先住民の慣習や文化について学んでもらうため、バンクーバー入りした際に先住民の居住地域に招く意向を示している。
jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010012500192
01/24 【フィギュア】ドムニナ組、後味悪いV奪回
前回大会で男性のシャバリンがひざを痛め、規定だけで棄権した雪辱を果たしたドムニナ組だが、オリジナルダンス(OD)フリーとも2位となる後味の悪いタイトル奪回だった。
 シャバリンは「金メダルはうれしいが、技術点はもっと高くないといけない。まっすぐ(練習拠点の)米国へ戻り、五輪までしっかり練習する」と軌道修正を誓った。
sankei.jp.msn.com/sports/other/100123/oth1001230817004-n1.htm
01/22 五輪=ロシアのアイスダンス選手、アボリジニの非難に驚き
来月開催されるバンクーバー冬季五輪で金メダル獲得が期待されるフィギュアスケート、アイスダンスのロシアのオクサナ・ドムニナ(25)、マキシム・シャバリン(27)ペアが21日、オーストラリアの先住民族アボリジニの長老が同組のダンスを「重大な文化的冒涜(ぼうとく)だ」などと非難したことに驚きを見せた。
 同ペアは、当地で開催中のフィギュアスケートの欧州選手権で現在首位に立つ。ドムニナ選手は、試合会場の記者団に対し「(アボリジニの長老から非難されていることについて)何も知らなかった」と目を丸くした。
 一方のシャバリン選手は、「インターネットで色々と情報を収集した。わわわれのダンスは先住民のダンスではあるが、具体的にオーストラリアの先住民のダンスというわけではない」と説明し、「リスクもあるが、他と違うことがしたかった」と語った。
 豪ニューサウスウェールズ州のアボリジニ土地評議会のメンバーは同日、この問題について、ロイターに対し「非常に不愉快だ。われわれは、アボリジニの文化が盗まれたとみている」とコメントした。
jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-13467320100122
01/21五輪=豪先住民、フィギュアのドムニナ組を「文化的冒涜」と非難
オーストラリアの先住民族アボリジニの長老らが21日、来月開幕するバンクーバー冬季五輪で金メダル獲得が期待されているロシアのフィギュアスケート、アイスダンスペアのオクサナ・ドムニナ(25)、マキシム・シャバリン(27)に対し、伝統舞踊の振り付けを盗作し、重大な文化的冒涜(ぼうとく)にあたると非難した。
 同ペアは、3週間前に行われたロシアでの大会でアボリジ二をテーマにしたダンスを披露。伝統の白い渦巻き模様が描かれた黒っぽいボディスーツに赤い腰布などを身にまとい、アボリジニの儀式で行われるステップなどを演じた。
 ニューサウスウェールズ州アボリジ二審議会のSol Bellear氏は、同ペアが許可や相談なく演じ、アボリジニ文化が盗まれたとして同ペアを強く非難している。
sports.nikkei.co.jp/flash.aspx?n=3435933

初回設定日2010.01.22

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.