フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< ジョニー・ウィア選手関連記事(2008年11月) | main | ニンテンドーDS用「プリンセス☆オン☆アイス」 >>
長洲未来選手関連記事(2008年10,11,12月)
2008年10,11,12月長洲未来選手関連記事


ISU-Biography
2008/09シーズンプログラム曲
SP:
City Lights by C. Chaplin
Charlie Chaplin Medley by C. Chaplin
City Lights by C. Chaplin
FS:
Caprice Fantastique by E. Korngold
Fairy Tale and Devil's Beauties by Dompierre
Orpheus in the Underworld by J. Offenbach

フィギュア:長洲未来 シニアGPデビューも悔し涙
今季からシニアのGPシリーズにデビューした長洲未来=東京・代々木第1体育館で2008年11月28日、手塚耕一郎撮影 米国に住む日本人の両親の間に生まれた米国代表フィギュアスケーター・長洲未来(15)が、今季からシニアのグランプリ(GP)シリーズにデビュー、先月末のNHK杯にも初出場した。結果は総合8位。「来年は、ちゃんとした演技をしたい」と涙を流した。
 長洲の持ち味は体の柔軟さ。ビールマンスピン、背中を後ろに反らして回転するレイバックスピンの回転の速さと美しさは群を抜く。今年1月の全米選手権では、ショートプログラム(SP)とフリーで3回転ルッツ−3回転トーループを決めるなど、ジャンプにも定評がある。
 NHK杯のSP(11月28日)は、3回転ルッツ−2回転トーループが1回転−2回転になり、3回転フリップも回転不足に。しかしその後は三つのスピンで最高のレベル4と認定された。8位だったが、スケーティング技術や音楽との調和などを評価する5コンポーネンツ(プログラム構成点)は、浅田真央(愛知・中京大中京高)、中野友加里(プリンスホテル)に次ぐ3番目の高得点。自分を応援する横断幕も見つけ「心から楽しく滑れた」と話した。
 だが、翌日のフリーは10回跳んだジャンプの半分が回転不足で、2度の転倒も。スピンで見せ場は作ったが、点数は伸びず9位。「シニアの選手はみんなすごくて、自分がベストという気持ちで滑れなかった。悔しい」と大粒の涙をこぼした。
 今夏にフリップとルッツの練習をし過ぎ、右足首が疲労骨折寸前だったという。「それを言い訳にして夏休みに練習をさぼり、スタミナがつかなかった」。この1年で身長が6、7センチも伸び、ジャンプのバランスが崩れるようになったことも不調の原因に挙げた。体力をつけ、ジャンプの確実性を上げることが今後の課題だ。
 日米両国の国籍を持つが、今後も米国代表として活動する予定。10年バンクーバー五輪で、尊敬する浅田真や金妍児(韓国)を脅かす存在になる素質は十分ある。世界選手権(来年3月・米ロサンゼルス)出場権がかかる来年1月の全米選手権に向け「この悔しさを忘れず一生懸命練習して、絶対に勝ちたい」。負けず嫌いの長洲が巻き返しを狙う。
 ▽長洲未来(ながす・みらい) 米カリフォルニア州出身。5歳でスケートを始める。06〜07年シーズンの全米ジュニア選手権で優勝。昨シーズンはジュニアGPシリーズファイナルを制し、全米選手権では06年世界選手権女王のキミー・マイズナーらシニア勢を抑えて初制覇を果たした。今季はシニアのGPシリーズ・アメリカ大会5位、NHK杯8位。今季GPポイントは10点で17位。上位6人が出場するGPファイナル(12、13日・韓国)には進めなかった。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20081203k0000e050010000c.html
結晶長洲未来、悔し泣きで決意「絶対に全米勝つ」
GPシリーズNHK杯、女子シングル (スポーツナビ)

長洲、GP2戦目は涙=NHK杯フィギュア 
昨季の全米女王で15歳の長洲は、シニアでのGP2戦目を8位で終えた。この日の自由で、4度挑戦した3回転ジャンプはすべて回転不足の判定。夏に痛めた足首の影響もあり、調整に苦しんだようだ。
 試合後は「全然駄目。周りのみんながすごくて不安だった」と涙を見せた。「真央ちゃんみたいにすごくなくても、スケートが大好きな気持ちでやる。(来年1月の)全米選手権では絶対にいい演技をしたい」。気持ちを切り替え、連覇の懸かる次の舞台を見据えた
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2008112900341
長洲きょう“日本デビュー” フィギュアNHK杯 ジャンプに課題
28日に開幕するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯(東京・国立代々木競技場)の女子に、両親が日本人の長洲未来(ながすみらい)(米国)が出場する。米カリフォルニア州で生まれ育った15歳が、主要国際大会で日本のリンクに初めて立つ。
 第1戦のスケートアメリカでシニアの国際大会デビューを飾った。「順位より自分らしくベストな滑りが目標」と話していたが、フリーはジャンプで転倒や回転不足が相次ぐ散々な内容。5位と不本意な結果に終わり、悔し涙を流した。
 27日の公式練習でもジャンプに課題を残した。身長が急激に伸びて150センチを超えた今季は「ジャンプの感覚にズレが出た」そうで修正に苦心。昨季終盤に右足首を痛めた影響もあるようだ。
 14歳でジュニアだった昨季、シニア勢を押しのけて全米選手権を制覇。米国での注目度は高まる一方だ。ウォン・コーチは「オフには何人もの振付師から“プログラムをつくりたい”とメールがあった」と打ち明ける。
 来季のバンクーバー五輪で日本勢の強敵となりうる存在に、長洲と初対戦の浅田真央(愛知・中京大中京高)も「刺激を受ける」と話す。ファイナル進出は厳しい状況だが、若き全米女王として存在感を示したい。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/
CK2008112802000212.html
長洲 ほろ苦シニア初戦、フリーは7位
 長洲未来(米国)のシニア国際大会のデビュー戦は、ほろ苦い結果に終わった。SP4位から表彰台を狙ったが、フリーは7位と振るわず、同じくシニアデビューのフラットに抜かれて5位だった。
 5つのジャンプで回転不足と判定され「本当にがっかりした」。後半はジャンプとステップで転倒した。15歳は「トップ選手と争える力を示したかった」と肩を落とした
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20081027033.html

米代表・長洲未来 スケートアメリカでシニア国際大会デビュー
25日に始まる女子SPに、両親が日本人の長洲未来(みらい)が米国代表として出場する。今年1月の全米選手権を制した15歳が、シニアの国際大会のデビュー戦に挑む。
 「今季はいい経験を積んで楽しみたい」。大会前に米紙にこう語った長洲。地元紙の1面を飾るほどの注目を集めている。
 24日の公式練習では世界女王の経験を持つ安藤美姫やキミー・マイズナー(米)と同じ組で滑った。初舞台に緊張もあるはずだが、笑顔を絶やさない姿は印象的だ。
 成長期を迎え、身長は昨夏の148センチから5センチ近く伸びたという。このため、「いつも見ていた壁の位置が違って集中しづらい」とジャンプには苦笑い。それでも練習では高得点を呼び込む2連続3回転に何度も挑戦。右足首の痛みで精度はいま一つだが、全米女王の誇りを見せている。
 カリフォルニア州生まれの長洲にとって、あこがれのスケーターは「(浅田)真央ちゃん」。昨季途中まで浅田が同州の街を練習拠点にしていた際には、スケート靴にサインを書いてもらった。
 11月下旬のGPシリーズ最終戦、NHK杯(東京)で、その浅田と競演することになる。待ちに待った舞台に向けて、今大会で弾みをつけておきたい。
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200810260057.html

“天才少女”長洲未来、いよいよシニア初戦…フィギュア
◆フィギュアスケートグランプリシリーズ第1戦 スケートアメリカ(24日、米ワシントン州エバレット) 2008―09年シーズン初戦となる大会が開幕。注目の女子は25日にSPを行うが、安藤美姫(20)=トヨタ自動車=、中野友加里(23)=プリンスホテル=、GPファイナル2連覇中の金妍兒(キム・ヨナ、18)=韓国=らが出場。日本人の両親を持つ15歳の長洲未来(米国)がシニアの国際大会デビューを果たす。
 日米の両国籍を持つ天才少女が、いよいよシニアに参戦する。長洲の両親は米ロサンゼルス近郊ですし店を営む日本人で、祖父母は茨城と長野に住むという生粋の「日本人」。安藤、金ら先輩との争いを「何位に入れるかよりも、一緒に滑れるだけで幸せ」と心待ちにした。
 日本時間26日に行われるSPを前にした公式練習では、前日に続いて4回転サルコーを成功させた安藤を横目に、上位進出の鍵を握る2連続3回転ジャンプを入念に調整した。「やっと身長は5フィート(152センチ)を超えた」と笑顔。体の成長で感覚にずれが出たジャンプも修正できているという。
 柔軟性を生かしたスピンやスピード感あふれる滑りは世界トップレベル。まだ14歳のジュニアだった昨季、全米選手権を初出場で制したが、年齢制限で世界選手権には出場できなかった。「ミライは心身ともに洗練されて大人に近づいてきている」とウォン・コーチ。2年後のバンクーバー五輪には米国代表で出場する可能性が高く、日本勢のライバルとなりうる存在はデビュー戦でどんな滑りを見せるかに注目だ。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/
news/20081026-OHT1T00024.htm

初回設定日:2008.10.26 Sunday 12:07
| RingOnIce | 長洲未来選手 | - | - |