フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< 2009年世界フィギュアスケート選手権関連(3.29付) | main | 「朝のフレッシュ 生ハムロース」を発売 >>
2009年世界フィギュアスケート選手権関連
2009年世界選手権関連情報・記事

国別五輪出場枠(日本)
男子シングル:3枠
女子シングル:3枠
アイスダンス:1枠

ISU World Figure Skating Championships
開催日:2009年3月24―28日
世界選手権の日程
【24日】アイスダンス規定、ペアSP
【25日】男子SP、ペア自由
【26日】アイスダンスOD、男子自由
【27日】女子SP、アイスダンス自由
【28日】女子自由
(日付は現地時間。SPはショートプログラム、ODはオリジナルダンス)

開催場所:アメリカ(ロサンゼルス)
開催会場:ステイプルズ・センター地図で見る
nextStarting Orders / Result Details
星現地公式サイト
星2009 世界フィギュアスケート選手権大会 - フジテレビ
next2009年世界フィギュアスケート選手権 - Wikipedia

飛行機ロサンゼルス、3月から5月にスポーツイベント開催−WBCやフィギュアなど(トラベルビジョン)

世界フィギュアスケート選手権 - Wikipedia
世界選手権の歴史、概要など

世界フィギュアスケート選手権のテレビ放送予定は、
当サイトNowOfIce月別フィギュアスケート予定(3月内に記載しております。
参考にどうぞ。
世界選手権日本代表 
▽男子 織田信成、小塚崇彦、無良崇人 
▽女子 浅田真央、村主章枝、安藤美姫 
▽アイスダンス キャシー・リード、クリス・リード
星フィギュア世界選手権代表決定 代表選手会見コメント

星2009年世界フィギュアスケート選手権関連(3.29付)
星2009年世界フィギュアスケート選手権関連(3.28付)
星2009年世界フィギュアスケート選手権関連(3.27付)
星2009年世界フィギュアスケート選手権関連(3.26付)
星2009年世界選手権関連記事(3.25付)
男女の五輪出場枠
各30枠のうち今回の世界選手権で各24枠が割り振られる。男女とも3人ずつが出場する日本は、上位2人の順位の合計が「13」以内なら最大の3枠、「14〜28」なら2枠を確保。「29」以上になると、最上位選手の順位が高い国・地域から順に1枠を得る。
五輪フィギュアの国別出場枠
 フィギュアスケート各種目の五輪出場枠の大半は、五輪前年の世界選手権の結果で各国・地域に3枠を上限に配分される。バンクーバー五輪の男子と女子は、各30枠のうち24枠が今回のロサンゼルス大会で決まる。
 各選手の順位を1位なら1点、2位なら2点のように15位までは順位をそのまま点数とし、16−24位はすべて16点で計算。男女とも3人が出場する日本の場合、男女とも3人中上位2人のポイント合計が13点以内なら3枠を獲得。14−28点なら2枠が与えられる。


3/31真央「ほっとしている」美姫「次へつながる」
フィギュアスケートの世界選手権(ロサンゼルス)女子で銅メダルを獲得した安藤美姫(トヨタ自動車)が31日、成田空港着の航空機で帰国し「大きな試合で日本代表としてやるべきことはできた。百パーセントに近い力で滑り切れたことが収穫。次へつながる」と充実の表情をのぞかせた。
 4月に世界国別対抗戦(東京)を残しているが、今季はほぼひと区切りがついた。今後は来年のバンクーバー冬季五輪に向けて態勢を整えていく。当面のスケジュールは未定だが、「自信を持って踊れるプログラムを作りたい」と意欲をのぞかせた。
 2連覇を逃し、4位に終わった浅田真央(愛知・中京大中京高)は成田空港を経由し、中部国際空港に降り立った。重圧から解放されて安堵したのか「ほっとしています」と笑顔を見せた。だが、4月1日には中京大の入学式が控えているため、関係者に付き添われて足早に空港を後にした。
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20090331106.html


3/30 安藤のコーチが日本連盟を批判/フィギュア
フィギュアスケート・世界選手権最終日(28日=日本時間29日、米国・ロサンゼルス)安藤のコーチを務めるニコライ・モロゾフ氏(ベラルーシ)が、日本連盟を痛烈批判した。安藤復活の要因を聞かれ「今回は誰の邪魔も受けなかったこと」と口火を切るとヒートアップ。「連盟の一部の人が選手に口出ししすぎる。大抵それは的はずれで、自分の力を誇示したいだけ」とぶちまけた。「きょうの真央にも同じことが起きた。この状況が続けば来年、日本はメダルなしだ!」とバッサリ。村主や男子の織田ら教え子が多いだけに波紋を広げそうだ。
http://www.sanspo.com/sports/news/090330/spm0903300507001-n1.htm
日本選手バッシングの韓国マスコミ ヨナ「200点越え」で一転大はしゃぎ
フィギュアスケートの世界選手権は、韓国のキム・ヨナ選手が初の「200点超え」を果たし、圧倒的な強さで優勝を果たした。一方、日本勢は安藤美姫選手が3位に入賞したものの、連覇が期待されていた浅田真央選手は4位に終わった。大会前には、キム選手が「日本選手に妨害された」と韓国の民放に報じられるなど日本選手バッシングが絶えなかった。だが、大会後の韓国マスコミは一変。キム選手の優勝に「大はしゃぎ」といった様子で、浅田選手の扱いはきわめて控えめだ。
浅田選手については、結果を淡々と伝える
米ロサンゼルスで行われていた世界選手権は、キム・ヨナ選手がショートプログラム(SP)76.12点、フリー131.59点の計207.71点を獲得して初優勝を飾った。これまでの歴代最高点は、浅田真央選手が06年に記録した199.52点だったが、国際スケート連盟主催の大会としては女子初の「200点越え」を果たした。
一方、2連覇が期待されていた浅田選手は、SPでは3位と出遅れていた上、フリーの演技では2回目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒。188.09点で、4位という結果に終わった。浅田選手が表彰台を逃すのは03年12月の全日本選手権以来。
キム選手をめぐっては、「場外問題」がくすぶりつづけていた。韓国の民放局・SBSが09年3月14日、キム選手のインタビューを放送した際、「キム選手が、試合直前の練習で日本選手から進路妨害を受けていた」などと報じたのだ。日本選手の名前は明らかにされなかったが、国内では「キム選手が浅田選手を攻撃するねらいなのでは」といった憶測が広がり、日本スケート連盟には抗議のメールや電話が殺到。連盟では、3月19日には、ウェブサイト上に
「日本選手はスポーツマンシップに則って競技を行っており、意図的に妨害行為をした事実はありません」
という告知を掲載するという異例の事態に発展。浅田選手側もキム選手側も、報道陣に対して「競技以外のことは話さない」とクギをさすなど、大会前は日韓ともに「ピリピリムード」が漂っていた。
大会前は、韓国マスコミの中でも「日本選手バッシング」が行われていたが、大会が終わってみると、様相は一変。
「『新女帝』の誕生、世界が起立拍手」(東亜日報)「世界メディアが絶賛」(朝鮮日報)
などとキム選手を称える記事で埋め尽くされ、浅田選手については、結果を淡々と伝える程度にとどまった。
「この状況が続けば来年、日本はメダルなしだ!」
日本側の世論についても、朝鮮日報が
「日本のネットユーザーらの書き込みには『ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のリベンジをされた』『憎くても認めるべきものは認めよう』という反応もあった」
と紹介するぐらいで、日韓の「ピリピリムード」は、すっかり影をひそめてしまった形だ。
祝賀ムードにわく韓国側と対照的なのが、日本側だ。
浅田選手は、3月30日の会見で
「また頑張ろうという気持ちも出てきた」「(トリプル)アクセルは失敗したが、必ず次につながると思う」と、今後への意気込みを披露するも、キム選手の「200点越え」については、「自分の演技をすることだけを考えたい」
と述べるなど、「妨害騒動」が尾を引いている可能性もありそうだ。
さらに、2位に入賞した安藤美姫選手のコーチを務めるニコライ・モロゾフ氏は、試合後にスケート連盟への批判を展開。サンケイスポーツによると、
「連盟の一部の人が選手に口出ししすぎる。大抵それは的はずれで、自分の力を誇示したいだけ」
「きょうの真央にも同じことが起きた。この状況が続けば来年、日本はメダルなしだ!」
などと、浅田選手の不振の背景には、連盟側の不当な介入があることを示唆したのだ。
2010年の冬季五輪でのメダルが期待される浅田・安藤両選手だが、日本側には、今後も様々な火種がくすぶっていると言えそうだ。
宿敵の背中遠のく20点の差=真央「2年計画」成就なるか−フィギュア女子
五輪シーズンへ、日韓の新旧女王に20点近い差が残った。フィギュアスケートの世界選手権女子で連覇を狙った浅田真央(愛知・中京大中京高)は4位に敗れ、200点超えの驚異的な世界最高得点で突き抜けた感さえある宿敵、金妍児(韓国)の背中が遠のいた。
 浅田真が仮に、ショートプログラム(SP)で踏み切り違反の2回転になった苦手の3回転ルッツと、自由で2本目に転倒した3回転半を成功させたとしても12点程度の上積みにとどまり、差は依然として残る。得意のジャンプを完ぺきに決めれば勝負できた、とも言い切れないところに敗北感がより一層増す。
 演技にスピード感がなくなった。その原因の1つは細部に要素を詰め込み、技術的、体力的に男子並みとも言われる難し過ぎるプログラムにもあった。特に自由はトリプルアクセル(3回転半)を2度入れ、終盤に40秒近いロングステップを一気に踏む。日本スケート連盟の吉岡強化部長は「技術的に(金妍児に)劣っているわけではないが、このままだと大変なことになる」と、裏で犠牲になっている完成度の低さに危機感を示した。
 一方で、浅田真の関係者は「今季はトレーニング用」と言い切る。今季はタラソワ新コーチの下で可能な限りの難易度に挑み、専属トレーナーを付けて体力も強化した。勝負の来季は互いのプログラムも変わり、その面では一からの勝負になる。新プログラムの吸収を早め、その上で今季上積みした技術を発揮できれば「2年計画」は成就するという腹積もりか。
 自由で4回転、連続3回転とも回避しながら3位に入った元女王の安藤美姫(トヨタ自動車)は、表現力や演技の安定感に復活への活路を見いだした。ジャンプが戻れば怖い存在になる。村主章枝(AK)は世界で再び戦うため、五輪イヤーに新たなジャンプ、連続3回転に挑む。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009033000628
世界選手権「銅」の安藤美姫「代表の役目果たせた」
28日に閉幕したフィギュアスケートの世界選手権で、女子の銅メダルを獲得した安藤美姫(トヨタ自動車)は一夜明けた29日、「今季の一番大きな大会で、大きなミスなく滑ることができてよかった」と振り返った。またバンクーバー五輪での日本の出場3枠が確定したことについて、「日本の代表として役目を果たせた」と自己評価した。
 4位でメダルを逃した浅田真央(愛知・中京大中京高)は「来季は曲もすべて変わる。また頑張りたいという気持ちが出てきた」と話した。
 2人は午後のエキシビションにも参加し、世界のトップ選手と競演した。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20090330-OYT1T00589.htm
世界フィギュア:安藤美姫ら一夜明け会見
フィギュアスケートの世界選手権女子銅メダルの安藤美姫(トヨタ自動車)と、同4位の浅田真央(愛知・中京大中京高)が29日、当地で一夜明け会見を行った。
 安藤は「納得のいく試合が今季最後の大きな試合でできて、すっきりした気持ちでいる」と喜びを語り、今季復調した要因を「自分をコントロールできるようになったのが大きい」と説明。来季に向けて「いつも表彰台に乗り、100%の演技をできるようにしたい」と抱負を述べた。
 浅田真は「一番大きな大会が終わってホッとしている。課題の3−3(回転連続ジャンプ)を跳べたことは来季につながる」と前向き。「来季はもっと(タチアナ・タラソワ・コーチのいる)ロシアに行って練習する時間を増やしたい」と話した。
 また、女子初の200点超えで初優勝の金妍児(キム・ヨナ)=韓国=も会見。「過去2回(ともに3位)は残念だったので本当にチャンピオンになりたかった」と喜び、バンクーバー五輪に向け「今大会の結果でより自信を深めることができた」と手応えを強調した。
 この日は上位選手らによるエキシビションがあり、日本勢は安藤と浅田真が出場。安藤は「ボレロ」でしっとりとした演技を、浅田真はタンゴ曲に乗って情感豊かな演技で会場を沸かせた
フィギュア:五輪へ厳しい現実…課題残る 世界選手権
28日まで当地で行われたフィギュアスケートの世界選手権で、日本勢のメダルは女子の安藤美姫(トヨタ自動車)の銅1個だった。男女ともバンクーバー五輪出場枠を3枠獲得し、アイスダンスも1枠獲得と目標は達成したが、一方で浅田真央(愛知・中京大中京高)が連覇を逃し(4位)、男子は2年連続メダルなしと課題も残った。
 収穫は安藤の復活だろう。フリーでは3−3回転連続ジャンプを回避しながら計190点台に乗せ、技の確実性や表現力に格段の進歩を見せた。
 ただし金妍児(キム・ヨナ、韓国)が計207・71点と世界最高得点を大きく更新して勝ったことは、五輪に向けて日本に厳しい結果だ。エース格の浅田真は、フリーでは表現力などを問うプログラム構成点で金に5・52点差、合計点では20点近い大差をつけられてしまった。吉岡伸彦・日本スケート連盟フィギュア強化部長は「このままでは大変なことになる」と危機感を隠さない。
 その他の外国勢では、ジョアニー・ロシェット(カナダ)は持ち前の技術の高さに加え、表現力や柔らかさが加わり、7年連続出場で初のメダル(銀)。初出場で5位のレイチェル・フラット(米国)の成長も目についた。
 男子は前回8位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が6位と着実な成長を見せ、7位の織田信成(関大)も4−3回転連続ジャンプに成功。2人とも来季、一層の飛躍が期待される。課題は、現状では低く抑えられているプログラム構成点だろう。
 初優勝したエバン・ライサチェク(米国)は4回転ジャンプを回避し、前回の9位から2位に躍進した18歳のパトリック・チャン(カナダ)は4回転を跳べない。今季は回転数の認定が厳格化され、「4回転時代」への移行も止まった感じだが、吉岡部長は「日本はプログラム構成点が低く、技術で勝負する」とし、4回転を持つ必要性を説いていた。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090331k0000m050085000c.html
フィギュアスケート:危機感いっぱい日本連盟「困ったもんです」
キム・ヨナの圧勝に日本連盟は強い危機感を漂わせた。吉岡強化部長は「やることがいっぱいある。全部です。困ったもんですね」と自ちょう気味の笑みを浮かべ、連覇を逃した浅田について「プログラム全体を通して滑り込みが必要」と指摘した。
 浅田は今季、始動が遅れた。「来季のプログラムを早めにつくって、早めに詰める作業をしないといけない。同じことをしていたら同じ結果になる」と吉岡強化部長。これまで選手のコーチが主導権を握っていた調整スケジュールに、連盟側が“介入”する方針も示し、伊東フィギュア部長も「強化部が本格的にアドバイスすることになるでしょう」と明言した。
 また、夏に五輪開催地のバンクーバーを第一候補に浅田、安藤、織田ら男女強化選手を集めた合同合宿も計画している。今季最後に見せつけられた圧倒的な差は、あらゆる手段を使って埋めていくしかない
http://mainichi.jp/enta/sports/general/figure/
news/20090330spn00m050004000c.html?link_id=REH03
真央4位…バンクーバーで逆襲/フィギュア
フィギュアスケート・世界選手権最終日(28日=日本時間29日、米国・ロサンゼルス)浅田真央(18)=愛知・中京大中京高=がシニア転向後初めて表彰台を逃した。女子フリーを行い、前日のSP3位の浅田は序盤のトリプルアクセル(3回転半)での転倒が響き188.09点の4位。ライバルの金妍児(18)=キム・ヨナ、韓国=が女子で初めて200点を超える世界歴代最高の207.71点で、初優勝を果たした。安藤美姫(21)=トヨタ自動車=が3位に入り、完全復活を印象づけた。
表彰式を待たずに、真央はスケート靴のひもをほどいた。05年11月のシニア転向後、初のメダルなし。韓国国歌に涙するライバル・金妍児の姿を氷上で目に焼き付けることすらできなかった。
 SP3位から巻き返しを期した。ハチャトゥリアン作曲「仮面舞踏会」の調べに乗り3回転半−2回転の連続ジャンプを成功させたが、次の3回転半で転倒。後半の2連続ジャンプも回転不足となり、スピードに乗れないまま演技が終わった。
 「失敗は残念だった。(SPの出遅れは)今まで何回もあったから切り替えていたつもり」
 この日のためにワインレッドの衣装を新調。米国の競技時間に合わせて朝6時から中京大のリンクで練習を積み、時差対策も万全だった。だが、結果は金妍児と約20点差の4位。技の完成度に加え、表現力などを示す演技構成点でも歴然たる差をつけられた。
1年後に迫る五輪に不安もよぎるが、真央には大逆転の“シナリオ”がある。「今年のプログラムはトレーニング用。2年計画のスパンで見れば進行中です」と関係者。ぎっしり要素が詰め込まれたフリー演技は、こなしながら体力、技術を向上させる意味がある。目先の結果を度外視して不得意なジャンプも組み込んできた。
 来季もタッグを継続するタチアナ・タラソワ・コーチとの連絡をより密にし、ロシアと日本を行き来する頻度も増やす予定。4月1日に入学式を迎える中京大には2つのリンクがあり、練習環境も万全に整う。
 「(金妍児は)いいライバルで刺激になる。次に向けてもっと前進できると思います」。夢舞台への本当の戦いはこれから。悔しさを力に変え、真央は立ち上がる。
http://www.sanspo.com/sports/news/090330/spm0903300509004-n3.htm


3/24 浅田が本番用リンクに好感触 世界フィギュア25日開幕
フィギュアスケートの世界選手権は24日(日本時間25日早朝)、ロサンゼルスのステープルズ・センターで開幕する。23日は午後に日本から到着した浅田真央(愛知・中京大中京高)が夜の公式練習で初調整し「本番のリンクで滑るために早く来たので(間に合って)よかった。氷はすごくいい」と好感触を口にした。
 日本人初の2連覇を狙う浅田は2連続3回転ジャンプを成功させるなど順調そうで「まずはショートプログラム(SP)で絶対にミスをしないようにしたい」と意気込んだ。安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転ジャンプを決めた。
 男子の織田信成(関大)や小塚崇彦(トヨタ自動車)も練習した。男子は25日、女子は27日にSPを行う。
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032401000632.html
3/24 世界フィギュア「真央VSヨナ」美姫、村主にも注目―中国
フィギュアスケートの世界選手権が米ロサンゼルスで、現地時間23日から29日まで開催される。中国では、女子シングルの「真央VSヨナ」の対決をはじめ、ペアで出場する中国選手のホウ清・トウ健ペア、張丹・張昊ペアらの優勝にも注目が集まっている。中国のスポーツ情報サイト、新浪体育が23日付けで伝えた。
  同大会は、2010年バンクーバ冬季五輪への国別出場枠を決める重要な大会とあって、出場選手は大会前の最終調整に余念がない。中国では、同大会の「目玉」の一つに、女子シングルの浅田真央選手と金妍児(キム・ヨナ、韓国)選手の「対決」を挙げるなど、期待が高まっている。また、安藤美姫選手や村主章絵選手、前大会2位のカロリーナ・コストナー選手(イタリア)、2009年欧州選手権の覇者、ラウラ・レピスト選手(フィンランド)らの活躍にも注目が集まっている。
  このほか、男子シングルのブライアン・ジュベール選手(フランス)、パトリック・チャン選手(陳偉群、カナダ)らの強豪メンバーの「競演」や、中国の出場選手、ホウ清・トウ健ペア、張丹・張昊ペアらの優勝争いの行方などにも触れ、同大会の動向から目が離せないという。
  写真は中国の張丹・張昊ペア。同ペアは、2月18日に中国・ハルビンで行われた、第24回ユニバーシアード冬季大会で優勝した
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0324&f=national_0324_009.shtml
真央、初練習 美姫4回転ジャンプ成功…世界フィギュア公式練習 
フィギュアスケートの世界選手権開幕を翌日に控えた公式練習が23日、ロサンゼルスのステープルズ・センターなどで行われ、日本選手で初めての2連覇を狙う女子の浅田真央(愛知・中京大中京高)が現地入りして初練習し、2連続3回転ジャンプを成功させるなど順調な仕上がりを披露した。
 安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転サルコーを決め、村主章枝(AK)は軽めに調整した。
 男子の織田信成(関大)はフリーの曲に乗って4回転―3回転の連続ジャンプを決め、小塚崇彦(トヨタ自動車)はジャンプの回転が抜けるミスがあった。
 アイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)は24日に行われる規定に向けて滑りの流れを確認した
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20090324-OHT1T00124.htm
【世界フィギュア】美姫に07年優勝時の切れ 昨年途中棄権の雪辱期す
24日にロサンゼルスで開幕するフィギュアスケートの世界選手権で、女子の安藤美姫(トヨタ自動車)が公式練習で高難度の2連続3回転ジャンプを決めた。大技の4回転も精度が上がっているようで「昨季は(左脚を負傷して)悔しい思いをしたので自分らしい演技を見せたい」
 昨年末の全日本選手権はフリーの6分間練習でほかの選手とぶつかり、右脚にしびれを残したまま演技して3位。世界選手権代表を死守した。年明けに中京大でフリーのプログラムを手直し。ジャンプの前にステップなどを入れ、得点が伸びていなかった技のつなぎの改良に励んできた。
 2月下旬に渡米してからは1日約4時間の調整を続けた。「来年のバンクーバー五輪を見据え、表彰台に上がる気持ちを強く持って頑張りたい」と、注目が集まる浅田真央(愛知・中京大中京高)と金ヨナ(韓国)の対決に割って入るつもりだ。
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/090324/oth0903241019001-n1.htm

3/23 2連覇狙う真央 追うヨナ フィギュア・世界選手権
フィギュアスケートの世界選手権が24日からロサンゼルスで開かれる。女子の浅田真央(愛知・中京大中京高)が日本勢初の2連覇に挑む。今大会は10年バンクーバー冬季五輪の出場枠がかかっている。
 浅田は、初優勝を狙う金妍児(キム・ヨナ)(韓国)と、今季3度目の競演となる。2人が本格的にシニアに上がってから3シーズン目。今季はグランプリ(GP)ファイナルは浅田、五輪テスト大会の四大陸選手権は金が優勝。同じ試合に出場した過去6度の順位比較は「3勝3敗」だ。
 金は06、07年のGPファイナルを連覇するなど、シーズン前半にめっぽう強い印象がある。だが、プログラムが熟練してくる終盤では、浅田が過去2度の世界選手権で07年2位(金は3位)、08年優勝(金は3位)と上に来る。
 浅田は今季、自由で2度のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを組み込む。日本連盟の伊東秀仁フィギュア部長が「ある意味、男子を超える難しい内容」と解説する高難度のプログラム。連覇は、自分の演技をどこまで演じきるかにかかっている。
 前回五輪の出場枠が「1」だった日本男子は、織田信成(関大)と小塚崇彦(トヨタ自動車)の2人を軸に「3」枠を狙う。
 男子は今季、世界王者経験のあるベテランのトップスケーターが引退し、日本もエースの高橋大輔(関大院)が故障で欠場。吉岡伸彦フィギュア強化部長は「世界のトップ10は誰も飛び抜けていない状態」と話す。不祥事から復帰した織田がNHK杯優勝、小塚が初出場のGPファイナルで2位と好成績をあげ、吉岡強化部長は「(織田と小塚は)ともに6位以内の力はある」。女子とともに3枠確保に手応えを感じている。
■世界選手権の日程
【24日】アイスダンス規定、ペアSP
【25日】男子SP、ペア自由
【26日】アイスダンスOD、男子自由
【27日】女子SP、アイスダンス自由
【28日】女子自由
(日付は現地時間。SPはショートプログラム、ODはオリジナルダンス)
▼世界選手権の日本代表
▽男子 織田信成、小塚崇彦、無良崇人(岡山・倉敷翠松高)
▽女子 浅田真央、村主章枝(AK)、安藤美姫(トヨタ自動車)
▽アイスダンス キャシー・リード、クリス・リード(川越ク)
▼男女の五輪出場枠 各30枠のうち今回の世界選手権で各24枠が割り振られる。男女とも3人ずつが出場する日本は、上位2人の順位の合計が「13」以内なら最大の3枠、「14〜28」なら2枠を確保。「29」以上になると、最上位選手の順位が高い国・地域から順に1枠を得る。前回の06年トリノ五輪の日本は女子が3枠、男子が1枠だった。
五輪フィギュアの国別出場枠
 フィギュアスケート各種目の五輪出場枠の大半は、五輪前年の世界選手権の結果で各国・地域に3枠を上限に配分される。バンクーバー五輪の男子と女子は、各30枠のうち24枠が今回のロサンゼルス大会で決まる。
 各選手の順位を1位なら1点、2位なら2点のように15位までは順位をそのまま点数とし、16−24位はすべて16点で計算。男女とも3人が出場する日本の場合、男女とも3人中上位2人のポイント合計が13点以内なら3枠を獲得。14−28点なら2枠が与えられる。
 前回五輪の日本の出場枠は女子が3、男子が1だった
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009032300453
織田が世界フィギュア公式練習で4回転
フィギュアスケート世界選手権(24日開幕)の公式練習が22日(日本時間23日)、米ロサンゼルスのステープルズセンターなどで始まった。男女シングルの日本代表は、昨年優勝の浅田真央を除く男子3、女子2選手が現地で調整。男子の織田信成は、4回転ジャンプを決めるなど好調をアピール。「氷は滑りやすかった。4回転を跳ぶことができたら、大きな成長だと思う」と、難度の高い大技への挑戦を誓った。
 また女子の安藤美姫も、2連続3回転など華麗なジャンプを披露した。村主章枝はステップやスピンなども細かく確認しながら滑った。村主は「たくさんお客さんが入ってほしい。楽しみ」と、2万人近く収容する大会場での演技を心待ちにしていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090323-00000023-nks_fl-spo
織田が4回転ジャンプ成功…世界フィギュア公式練習
 フィギュアスケート世界選手権の公式練習が22日、ロサンゼルスのステープルズ・センターなどで始まった。
 日本勢は男子の織田信成(関大)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、無良崇人(岡山・倉敷翠松高)、女子の安藤美姫(トヨタ自動車)、村主章枝(AK)がリンクで入念に調整した。
 2大会ぶりの出場となる織田は高難度の4回転―3回転―3回転の3連続ジャンプに成功。小塚は「4回転はやらない方向」と話した。
 前々回女王の安藤は2連続3回転などのジャンプを決め、初優勝を目指す金妍児(韓国)も仕上がりの良さをアピールした。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/
news/20090323-OHT1T00264.htm
安藤、キムヨナ、織田らが調整 世界フィギュア公式練習
24日(日本時間25日)に開幕するフィギュアスケート世界選手権の公式練習が22日、ロサンゼルスの競技会場などで始まった。女子で前々回大会優勝の安藤美姫(トヨタ自動車)、村主章枝(AK)、韓国のキム・ヨナ、男子で2大会ぶり出場の織田信成(関大)、初出場の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)が調整した。
 安藤は2連続3回転などのジャンプを軽快に跳こなし、先月の四大陸選手権で4位だった織田も3回転半−3回転を披露した。2連覇が懸かる浅田真央(愛知・中京大中京高)は23日に現地入りする予定。
 男子は25日、女子は27日にショートプログラムがあり、それぞれ翌日にフリーを行う。
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/090323/oth0903230930002-n1.htm
フィギュア:金妍児が公式練習中転倒、左肩を強打
24日(日本時間25日)に開幕するフィギュアスケート世界選手権の公式練習が22日、試合会場のステープルズセンターなどで始まった。
 女子は試合会場で練習し、日本勢は安藤美姫(トヨタ自動車)と村主章枝(AK)が参加。練習後、取材に応じた村主は「(2月の)4大陸選手権後は靴を変えて苦労したが、やってきたことの精度を上げるようにしてきた」と話した。韓国の金妍児(キム・ヨナ)はステップで転倒し左肩を強打。「エッジが引っかかった。左肩は大丈夫」と説明した。連覇がかかる浅田真央(愛知・中京大中京高)は、まだ現地入りしていない。
 日本の男子勢は試合会場隣接の練習用リンクで初滑り。織田信成(関大)と無良(むら)崇人(岡山・倉敷翠松高)はジャンプを重点的に確認し、小塚崇彦(トヨタ自動車)は不参加だった。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090323k0000e050014000c.html
村主ジャンプ好調=日本勢が公式練習−世界フィギュア
 フィギュアスケートの世界選手権開幕を24日に控え、公式練習が22日、当地のステープルズセンターで始まった。今大会でバンクーバー五輪の国・地域別出場枠の最大3枠獲得を目指す日本勢も、調整を行った。
 女子では、3年ぶりに出場する村主章枝(AK)が冒頭の3回転−2回転の連続ジャンプなど、曲に合わせて跳んだジャンプをほぼ成功。「氷の感触はとてもいい。2年出ていないので楽しみ」と、久しぶりの世界の舞台を心待ちにした。
 昨年は無念の途中棄権を味わった2年前の覇者、安藤美姫(トヨタ自動車)は曲終盤のストレートステップを表情も意識しながら入念に確認。連覇を狙う浅田真央(愛知・中京大中京高)は23日に当地入りの予定。
 男子は織田信成(関大)、初出場の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)らが氷の感触を確かめた。 
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009032300168

3/20真央が日本人初世界フィギュア2連覇狙う
フィギュアスケートの世界選手権が24日から5日間、米ロサンゼルスで開催される。
 注目の女子は、浅田真央(愛知・中京大中京高)が男女を通じて日本選手初の2連覇を達成できるかが最大の焦点になる。
 ライバルは完成度の高い演技で初優勝を狙う金妍児(韓国)。昨年12月のグランプリ・ファイナルは浅田、2月の4大陸選手権は金妍児が制しており、直接対決は今季1勝1敗。シニア通算でも3勝3敗と、実力は伯仲している。
 浅田はショートプログラム(SP)で好位置につけたい。4大陸選手権はジャンプが乱れてSPで6位と出遅れたことが響き、フリーで1位と巻き返したが3位に終わった。SPの大きな得点源で、今大会に向け修正を誓った3回転ルッツと、2連続3回転のジャンプがどれだけ復調しているかが鍵を握る。
 前々回優勝の安藤美姫(トヨタ自動車)は途中棄権に終わった昨季の雪辱を期す。自己最高点は浅田、金妍児に次ぎ、地力はある。過去に4回転も成功しているジャンプが安定すれば高得点も期待できる。4大陸選手権2位のジョアニー・ロシェット(カナダ)、前回大会2位のカロリナ・コストナー(イタリア)らとのメダル争いになりそうだ。
 3大会ぶりに出場するベテランの村主章枝(AK)も上位をうかがう。
http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20090320-473420.html

3/19 小塚、織田が世界フィギュアでメダル狙う
フィギュアスケートの世界選手権が24日から5日間、米ロサンゼルスで開催される。混戦の男子は日本の2枚看板、小塚崇彦(トヨタ自動車)と織田信成(関大)がメダルを狙う。
 前回8位の小塚は今季、スケートアメリカでグランプリ(GP)シリーズ初優勝を果たし、GPファイナルも2位と健闘。2006年世界選手権で4位の織田はNHK杯を制した。だが、2月の4大陸選手権は小塚が3位、織田は4位。ともに4回転ジャンプでまだ成功がなく、小塚は滑りの美しさ、織田は得意のスピンでアピールしながらジャンプを確実にこなすことが表彰台に上がるために必須となる。
 ライバルは2種類の4回転ジャンプが跳べる前々回王者のブライアン・ジュベール(フランス)や、完成度の高い滑りで4大陸選手権を制したパトリック・チャン(カナダ)あたりか。
 初出場の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)は3回転半ジャンプで上位を狙う。来年のバンクーバー冬季五輪の出場枠も懸かっており、日本男子が目指す3枠獲得の条件は、上位2人の順位合計が「13」以内になることだ。
 アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)が出場。ペアは川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が初優勝を狙う。
http://www.nikkansports.com/sports/news/
f-sp-tp0-20090319-473068.html

3/14 アイスダンス王者が世界選手権を欠場へ
08世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2008)・アイスダンス王者のイザベル・デロベル(Isabelle Delobel)/オリヴィエール・ショウエンフェルデール(Olivier Schoenfelder、フランス)組は13日、デロベルの手術した肩が未だ回復途中であることから、ロサンゼルス(Los Angeles)で開催される09世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2009)を欠場すると発表した。
 デロベル/ショウエンフェルデール組は、1月にヘルシンキ(Helsinki)で開催された09欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships 2009)への出場を取りやめているが、当初協会側は世界選手権には間に合うものと見込んでいた。
 デロベルは高陽(Goyang)で開催された08-09フィギュアスケートGPシリーズ・ファイナル(Figure Skating Grand Prix Series Final 2008-09)で負傷し、1月5日に手術を受けていた。
 09世界フィギュアスケート選手権は3月23日から29日まで開催される
http://www.afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2582087/3912361

3/10 2009 World Figure Skating Championships Preview(日本語版はこちら)
世界選手権に関しての見所などが書かれています

2/20 城田元部長は美姫、村主、織田限定支援
日本スケート連盟は19日の理事会で、不正経理事件で06年に理事を引責辞任したフィギュアの城田憲子元強化部長(62)を、3月に米ロサンゼルスで行われる世界選手権に支援スタッフとして派遣することを承認した。伊東秀仁フィギュア委員長によると、日本代表6人のうち女子の安藤美姫(21)村主章枝(28)男子の織田信成(21)の3人限定で後方支援をするという。城田氏は選手からの要望で2日からカナダ・バンクーバーで行われた4大陸選手権でアシスタント・チームリーダーとして現場復帰していた。
http://www.nikkansports.com/sports/news/
p-sp-tp0-20090220-462800.html
2/19 城田氏を世界選手権派遣へ=フィギュアスケート
 日本スケート連盟は19日の理事会で、2006年に発覚した同連盟の不正経理事件で引責辞任した城田憲子・元フィギュア強化部長を、世界選手権(3月23〜29日、米ロサンゼルス)に支援スタッフとして派遣することを決めた。
 伊東秀仁・フィギュア委員長は「公式役員としてではなく後方支援のために派遣する」とし、主に安藤美姫(トヨタ自動車)、村主章枝(AK)、織田信成(関大)の3選手をサポートする。城田氏は今月の四大陸選手権にもアシスタントチームリーダーとして派遣され、不祥事後の現場復帰を果たした
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009021900854
2/15フィギュア:世界選手権へ城田氏派遣の方向
 日本スケート連盟の伊東秀仁・フィギュア部長は15日、フィギュアスケートの世界選手権(3月23〜29日、米国・ロサンゼルス)に、06年の同連盟の不正経理事件で引責辞任した城田憲子・元フィギュア強化部長を派遣する考えを示した。伊東部長は15日のフィギュア委員会後に「選手側からの要望もある」と、派遣理由を説明した。19日の理事会で派遣の可否や具体的な役職について決める方針。城田氏は今月の4大陸選手権にはアシスタントチームリーダーとして派遣されている。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090216k0000m050042000c.html

浅田&小塚「世界選手権代表」当確か
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル女子で優勝した浅田真央(愛知・中京大中京高)と、男子2位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が13日、バンクーバー五輪の出場枠が懸かる来年3月の世界選手権(米ロサンゼルス)代表をほぼ確実にした。
 日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長がファイナルの結果を受け「(2人を)代表にしたい。相当な優先順位になる」と語った。
 日本連盟は世界選手権の代表選考基準で、ファイナルのメダリスト最上位を強化部推薦とする場合があると明記している。2人とも25日に開幕する全日本選手権に出場することが条件となる
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20081213084.html
世界フィギュア代表基準など決める=スケート連盟
 日本スケート連盟は23日の理事会で、今季の国際大会の代表選考基準を決めた。来年3月のフィギュア世界選手権(ロサンゼルス)代表の男女各3人は、まず全日本選手権(12月、長野)の上位2人ずつを選出。残り各1人は連盟強化部が全日本選手権や国際大会の成績などを総合的に考慮して決めるが、グランプリ・ファイナル(12月、韓国・高陽)のメダリストで最上位の1人を推薦する場合もある。
 世界選手権の成績に応じて2010年バンクーバー五輪の国別出場枠が決まる。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000122-jij-spo
全日本選手権上位2人は自動的に世界選手権出場…フィギュアスケート 
日本スケート連盟は23日の理事会で、来年3月にロサンゼルスで開かれるフィギュア世界選手権の代表(男女各3人)選考基準を決め、今年末の全日本選手権(長野)上位2人を自動的に代表に選ぶことにした。残り1人は、今季の成績を総合的に判断して決める。
 ただし、12月のグランプリ(GP)ファイナル(高陽=韓国)のメダリスト最上位者は、全日本選手権前に代表に内定する可能性もある。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/
20080923-OHT1T00232.htm

初回設定日:2008.09.23 Tuesday 20:35
| RingOnIce | 世界選手権 | - | - |