フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< 本日発売!「ジャパンオープン2009 3地域対抗戦/カーニバルオンアイス2009」 | main | イザベル・デロベル/オリヴィエール・ショウエンフェルデール組関連記事 >>
フィギュアの世界団体戦「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」
「ワールド・チーム・トロフィー」第1回大会
日本名:世界フィギュアスケート国別対抗戦2009


開催日:2009年4月16〜19日
開催場所:東京(国立代々木第一体育館

星チケット発売詳細情報

URL世界フィギュアスケート 国別対抗戦 2009
nextStarting Orders / Result Details

nextエントリー(チーム)(ISU)
nextエントリー(種目別)
next出場選手・エキシビション招待スケーター[pdf]
next「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」ブログ
 next世界フィギュアスケート国別対抗戦2009とは?(テレビ朝日)
カメラフィギュア国別対抗戦 日本代表が抱負語る TimeWarp
4/20 真央「仮面舞踏会」再現、美姫は絢香で熱演!
フィギュアスケートの世界国別対抗戦の上位選手らによるエキシビションが19日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子で1位だった浅田真央(中京大)は大トリで登場。タンゴを情熱的に踊り、アンコールではフリーの「仮面舞踏会」のステップやスピンを披露した。
 安藤美姫(トヨタ自動車)は親交が深い歌手の絢香の曲で熱演。織田信成(関大)は実戦さながらにトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)や2連続3回転ジャンプを跳び、小塚崇彦(トヨタ自動車)は持ち味の滑りで観客を魅了した。
http://www.sanspo.com/sports/news/090419/spm0904191849003-n1.htm
真央らが来季へ抱負「新しいことに挑戦」
18日に閉幕したフィギュアスケート世界国別対抗戦で今シーズンの全日程を終えた浅田真央(中京大)らが19日、1年の収穫やバンクーバー冬季五輪を控える来季の目標を語った。5月にロシアで新プログラム作りに入る浅田は「今季はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)だけでなく新しいことに挑戦し、来季は気持ちも楽にできる。悔いなく笑顔で終われたらいい」と金メダルを目指す五輪シーズンを見据えた。
 世界選手権で銅メダルを獲得した安藤美姫(トヨタ自動車)は「トリプルアクセルはモロゾフ・コーチにやろうと言われているが怖い。4回転のトーループやループはちょっとずつ練習すると思う」と話し、4回転サルコーに加え、さらに大技に挑戦する可能性を示唆した。
 織田信成(関大)は「4回転を安定して跳べるように」と飛躍を期し、今季の急成長で「名前を売った」と振り返る小塚崇彦(トヨタ自動車)は「五輪で最高の演技をしたい」と話した。
http://www.sanspo.com/sports/news/090419/spm0904191850004-n1.htm
真央、自信深めた3回転半=安藤は4回転で新たな挑戦へ−世界国別フィギュア
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦で3位に入った日本の男女4選手が19日に記者会見し、自己最高の201.87点で女子の1位になった浅田真央(中京大)は「達成感という気持ち。アクセル(3回転半)が確実になってきたので来季につなげたい」と、シーズン最後の大会でショートプログラム(SP)でも成功させた得意のジャンプに自信を深めた。
 安藤美姫(トヨタ自動車)は痛めた右肩の影響もあり、自由で挑んだ4回転サルコーに失敗。それでも、直前練習で成功させるなど確かな手応えは残り、「(来季へ向け)4回転のトーループやループを少しずつ練習していく」と大技の種類を増やす狙いを掲げた。
 謹慎明けのシーズンを終えた男子の織田信成(関大)は「4回転をコンスタントに跳べるように」と世界選手権で決めたジャンプの完成度を高め、ライバルの高橋大輔(関大大学院)が復帰予定の来季でさらなる飛躍を期す。シーズン終盤に精彩を欠いた小塚崇彦(トヨタ自動車)は「体力をつける」と上半身強化を来季への課題とした。 
 この日はエキシビションが行われ、優勝した米国チームや日本の浅田真、安藤らが氷上を華麗に舞った
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009041900172

2009.04.18 主将・織田「頑張った結果の3位」/フィギュア
第1回大会で日本は3位。前日で出番を終えていた男子の織田信成(関大)は小塚崇彦(トヨタ自動車)とともにこの日、浅草で購入した扇子などを使って応援し「みんな一生懸命頑張った結果の3位なので主将としては満足」とうれしそうだった。
 優勝した米国の主将、ライサチェクは「チームの一体感が優勝に結びついた。お互いの演技に刺激を受け、それがモチベーションに変わった」と満足そう。2位カナダの主将、モイヤーは「これが五輪種目に入れば、ペアやアイスダンスも脚光を浴びる」と今後の発展に期待を寄せた。
http://www.sanspo.com/sports/news/090418/spm0904182030008-n1.htm
浅田真央フリー1位 フィギュア国別対抗、日本は3位
フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は18日、東京・代々木競技場で女子とペアの自由があり、国際スケート連盟(ISU)が初めて主催したフィギュア団体戦で米国が60点で優勝した。日本は、女子で浅田真央(中京大)が201.87点の高得点で1位になったが、50点で3位だった。2位は54点のカナダ。
 浅田は2度のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプの二つ目は回転不足の判定だったが、首位だったショートプログラム(SP)と合わせて初めて200点を超えた。安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転ジャンプで転倒し、167.52点で5位だった。米国はキャロライン・ザンが3位、レイチェル・フラットが4位に食い込み、得点を稼いだ。
 ペアの高橋成美、マービン・トラン組(千葉・渋谷幕張高、カナダ)は125.91点で6位。川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)は185.15点で2位だった。
 大会は、今季の主要国際大会の成績をまとめたランキングの上位6カ国が出場。4種目の最終成績の順位点合計で競った。次回は11年に日本で開催される。
http://www.asahi.com/sports/update/0418/TKY200904180196.html
 日本3位、米国が初代王者=浅田真、自己ベスト
 −フィギュア国別対抗自由演技を終え、笑顔を見せる浅田真央(前列中央)。2列目左端は織田信成、同中央は安藤美姫=18日、東京・国立代々木競技場【時事通信社】 フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は18日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本は50点で6カ国中3位だった。米国が60点で初代王者に就いた。
 日本は女子ショートプログラム(SP)1位の浅田真央(中京大)が自由でも1位になり、自己最高を上回る合計201.87点で1位。SP3位の安藤美姫(トヨタ自動車)は5位だった。
 ペアは中国組が1位。日本の高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)、マービン・トラン(カナダ)組は6組中6位で、川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)組は2位だった。
 大会は今季ポイント上位6カ国による団体戦で、男女シングル、ペア、ダンスの合計得点で争った。日本の内訳は男子15点、女子20点、ペア7点、ダンス8点だった。
日本、ペアとダンスの結果響く=国別対抗フィギュア
 新たな試みだった団体戦で日本は3位。男子で3位に入って主将の面目を保った織田は「みんな一生懸命頑張った。素晴らしい順位」と仲間をねぎらったが、チームとしてはアンバランスだった。ダンスのリード姉弟は6組中5位。ペアの高橋、トラン組はまだシニアレベルとは言い難く最下位に。国際連盟のチンクワンタ会長にも「この大会には教育的側面もある。日本のダンスとペアが弱いのは事実だ」と指摘されてしまった。
 総合力に勝る米国が初代王座に就いた。男子は世界王者のライサチェクが1位になり、女子の若手2人も3、4位と健闘。ダンスペアも実力通りに1位と水準が高かった。主将のライサチェクは「このチームを誇りに思う。忘れられない大会になった」と総括した
http://www.jiji.com/jc/v?p=figureskating0809&j1
<フィギュア>浅田真央が1位 国別対抗では日本3位に終わる
フィギュアスケートの世界国別対抗戦(東京・代々木第1体育館)第3日は18日、ペアと女子のフリーが行われ、女子でショートプログラム(SP)1位の浅田真央(中京大)がフリーでも安定した演技を見せ合計201.87の高得点で1位となった。2位は合計182.16点でジョアニー・ロシェット(カナダ)。SP3位の安藤美姫(トヨタ自動車)はフリーの演技では精細を欠き合計167.52で5位に終わった。
 ペアでは高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)、マービン・トラン(カナダ)組が125.91点で最下位の6位となった。世界選手権2位の張丹、張昊組(中国)が193.82点で1位、同3位の川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)は185.15で2位。
 この結果、国別対抗の優勝は米国(60点)、2位はカナダ(54点)。初代王座を狙った日本は男子の不調などもあり3位(50点)に終わった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000011-maiall-spo
真央、初の200点超えも日本は3位/フィギュア
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦第3日は18日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本は女子で浅田真央(18)=中京大=が1位、安藤美姫(21)=トヨタ自動車=が5位となり、合計50点で3位だった。
 米国が60点で優勝、2位は54点でカナダだった。
 ショートプログラム(SP)首位だった浅田はフリーでも1位で、ライバル金妍児(韓国)が持つ世界最高得点(207・71)には届かなかったものの、「金メダルライン」といわれる200点を初めて超える201・87点をマークした。安藤は減点に加え技術点も伸び悩み167・52点に終わった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000510-sanspo-spo


織田信成、最終日は応援舞台 ドン・キホーテへ出陣じゃ
フィギュアスケートの国別対抗戦「ISUワールドチームトロフィー2009」は17日に第2日を行い、日本代表は暫定順位(※)で3位につけた。日本の暫定獲得ポイントは、52。ペアと浅田真央(中京大)、安藤美姫(トヨタ自動車)が出場する女子シングルのフリースケーティングで、上位の米国(暫定59ポイント)、カナダ(暫定53ポイント)を追う。第2日に演技を終えた男子シングルの織田信成(関大)は会見で「キャプテンとしてできるのは、みんなをリラックスさせて送り出すことだけ。(選手が演技後に得点発表を待つ)『キス&クライ』では応援用の小物が必要だと分かったので、ドン・キホーテに買いに行って用意したい」と冗談交じりに話しながら、自身は試合を行わない最終日での後方支援に意欲を見せた。
 今大会は、ISU(国際スケート連盟)が公認する初の団体戦。選手が演技後に得点発表を待つ「キス&クライ」では、選手とコーチなど2、3人が並ぶのが通例だが、今大会は何人ものチームメートが出迎えるという新しい光景が広がっている。米国チームは初日から電飾付きの派手なサングラスを身につけたチームメートが選手を出迎え、場内を盛り上げた。これがきっかけで、第2日は各国が旗を振ったり、応援グッズを用意したりと白熱。日本チームは、ペアのマービン・トランやアイスダンスのクリス・リードが“ひょっとこ”のお面を被って登場した。身なり以外に動きをつけたパフォーマンスをするチームも現れ、米国はマイケル・ジャクソンの「スリラー」のダンスを披露した。
 第2日終了時点の暫定上位3チームの主将が出席した会見では、これらのパフォーマンスについて質問が飛び、カナダの主将スコット・モイヤーは「米国チームがあんなに用意周到だとは思わなかった。カナダはアイスホッケーのスティックとか、メイプルシロップやムース(ヘラジカ)の角、騎馬警察の服でも用意しようか。次回大会には用意しよう。いや、東京で売っているところを教えてくれれば、今から買いに行こう」とリップサービス。日本の織田信成も「他選手のキス&クライに行って何をすればいいのか分からなかったけど、ほかのチームを見て、自分たちもやってもいいんだなと思った。きょうはお面を持ってきたりして、ここでもライバル意識を持って戦っているかなと思う。僕がキャプテンとしてできるのは、みんなをリラックスさせて送り出すことだけ。日本なら刀のイメージとかもあるだろうし、小道具が必要と分かったので、ドン・キホーテで応援用の小物を用意したい」と冗談を飛ばして、笑いを誘った。最終日は、初代王座を争う戦いとともに、応援に回る選手のパフォーマンスも注目されそうだ。
※アイスダンス、男子シングルの結果を反映し、ペアと女子シングルはフリースケーティングでショートプログラムから種目内の順位が入れ替わらないことを仮定した算出方式による順位
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090418-00000001-spnavi-spo


2009.04.17織田、総合3位に フィギュア国別対抗戦
フィギュアスケートの世界国別対抗戦第2日が17日、東京・代々木競技場であり、男子とアイスダンスの自由、ペアのショートプログラム(SP)が行われた。6カ国が4種目の最終成績の順位点合計で競う団体戦。日本は、男子で、前日のSP3位の織田信成(関大)が自由で4位となり、総合229.25点で3位、小塚崇彦(トヨタ自動車)が190.93点の8位で、アイスダンスのキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)は120.23点の5位。ペアSPは高橋成美、マービン・トラン組(千葉・渋谷幕張高、カナダ)が43.00点で最下位の6位発進となり、計52点の暫定3位となった。
 首位は59点の米国。男子の世界選手権金メダリストのエバン・ライサチェクが238.56点で、アイスダンス世界選手権2位のタニス・ベルビン、ベンジャミン・アゴスト組が162.98点で、それぞれの種目で1位となった。2位は53点のカナダ。
 ペアSPは張丹、張昊組(中国)が70.42点でトップ。川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)が65.08点で2位につけている。
 18日に女子とペアの自由があり、大会の初代優勝国が決まる。
http://www.asahi.com/sports/update/0417/TKY200904170347.html
日本の高橋ペアは6位 フィギュア国別対抗第2日
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦第2日は17日、東京・国立代々木競技場で行われ、ペアのショートプログラム(SP)で高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)とカナダ人のマービン・トランが組んだ日本は43・00点で6位だった。
 中国の張丹、張昊組が70・42点で首位に立ち、ロシアの川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組が2位につけた。
 男子フリーにはSP3位の織田信成(関大)と10位の小塚崇彦(トヨタ自動車)が出場する。
 大会は6カ国が参加しており、各国とも男女に各2選手、ペアとアイスダンスに各1組が出場し、最終順位に応じて与えられる得点の合計を争う。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/04/17/0001834024.shtml


2009.04.16<フィギュア>真央がSP自己最高得点で日本は2位 構成変更が奏功 国別対抗戦
フィギュアスケートの世界国別対抗戦(16〜18日、東京・代々木第1体育館)が16日開幕した。第1日はアイスダンスのオリジナルダンス(OD)と男女のショートプログラム(SP)が行われ、女子SPで浅田真央(中京大)が1位、安藤美姫(トヨタ自動車)が3位となった。第1日を終えた時点の日本の暫定順位は2位(暫定得点43点)で、首位は米国(48点)。
3月の世界選手権で4位に終わった浅田はSPの構成を変更してこの大会に臨んだが、75.84でSPの自己最高得点を更新した。安藤は62.08で世界選手権2位のジョアニー・ロシェット(カナダ)と同点ながら、総要素点でロシェットが上回った。男子SPでは織田信成(関大)が79.35で3位に入ったが、小塚崇彦(トヨタ自動車)が65.25で10位と出遅れた。
 国別対抗戦は国際スケート連盟が主催する国際大会で、今回が初めての開催となった。6カ国の対抗戦で日本のほか米国、カナダ、ロシア、フランス、中国が参加する。男女はそれぞれ12人(各国2人)、ペアとアイスダンスはそれぞれ6組(同1組)が出場し、各種目順位を得点化し、4種目の合計得点で優勝を争う。得点は男女が1位12点、2位11点…で最下位の12位は1点。またペアとアイスダンスは1位12点、2位11点となり、最下位の6位は7点となる。
 日本代表は女子が安藤と浅田、男子は小塚と織田信。ペアは高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)、マービン・トラン(カナダ)組、アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)。海外からは、3月の世界選手権男子優勝のエバン・ライサチェク(米国)、同男子3位のブライアン・ジュベール(フランス)、ロシェットらが出場する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000045-maiall-spo
フィギュア 真央SP首位、日本は暫定2位…国別対抗
6カ国による団体戦で争うフィギュアスケートの世界国別対抗戦が16日、東京・代々木第1体育館で開幕し、第1日は男女のショートプログラム(SP)とアイスダンスのオリジナルダンス(OD)が行われた。女子は浅田真央(中京大)が自己ベスト更新の75.84点で首位に立った。安藤美姫(トヨタ自動車)が3位につけ、世界選手権2位のジョアニー・ロシェット(カナダ)は安藤と同点ながら、総要素点で上回り2位。
男子は織田信成(関大)が3位につけ、小塚崇彦(トヨタ自動車)は10位と出遅れた。世界選手権3位のブライアン・ジュベール(フランス)が首位、世界王者のエバン・ライサチェク(米国)が2位。アイスダンスは日本勢のキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)が6組中5位。
 第1日を終えた時点の日本の暫定順位は2位(暫定得点43点)で、首位は米国(48点)。第2日の17日はペアのSP、男子とアイスダンスのフリーが行われる。
 ○…今季最終戦でも、安藤は挑む姿勢を崩さなかった。回転数の判定が厳格化された今季、成功が一度しかない3回転ルッツ−3回転ループに、この日も挑戦。回転不足と判定されたものの「3−2(回転連続ジャンプ)に逃げなかったのは、次につながります」と明るい表情で演技を振り返った。最終日のフリーで「4回転サルコウに挑戦します」と明言した安藤。既にバンクーバー五輪を意識し、ワンランク高い所に目標を置いている。
 ○…世界選手権7位の織田は、「SPでもやる予定」と話していた4回転ジャンプを回避した。トリプルアクセル(3回転半)からスタートし、3回転ルッツ−3回転トーループ。従来と同じ構成で無難な演技を見せ、SPを3位で終えた。「体が動かなかったので、とりあえず慎重にやった。来季、(SPでの)4回転に挑戦したい」と織田。
 ◇国別順位決定方法◇
 6カ国の対抗戦で、男女はそれぞれ12人(各国2人)、ペアとアイスダンスはそれぞれ6組(各国1組)が出場。各種目の総合順位をポイント化し、4種目の合計ポイントを競う。ポイントは男女が1位12点、2位11点、3位10点……12位1点、ペアとアイスダンスは1位12点、2位11点……6位7点となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000028-maip-spo


2009.04.15 フィギュア:真央、SPの構成を変更 世界国別対抗戦
16日に開幕するフィギュアスケート・世界国別対抗戦の公式練習が15日、東京・代々木第1体育館で行われた。
 世界選手権女子4位の浅田真央(中京大)はショートプログラム(SP)で3−3回転連続ジャンプと3回転ルッツを回避し、トリプルアクセル(3回転半)−2回転トーループを入れる構成に変更。全体のジャンプの基礎点は従来より1.5点低いが、「来季(五輪シーズン)につながると思う」と述べた。
 世界選手権女子3位の安藤美姫(トヨタ自動車)は4回転サルコウを決めるなど好調。「SPで3−3(回転連続ジャンプ)を入れる。フリーでは4回転サルコウか後半のダブルアクセル(2回転半)−3回転ループのどちらかをしたい」と話した。織田信成(関大)は4−3回転連続ジャンプをSPから入れる意向。小塚崇彦(トヨタ自動車)はフリーで4回転トーループ挑戦を検討している
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090416k0000m050067000c.html


2009.04.08 熱戦の4日間「力を合わせ優勝」と浅田真央
4月16‐19日放送、テレビ朝日系「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」

 テレビ朝日系では、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われる「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」の熱戦の模様を、4月16日から4日間にわたって放送する(いずれも後7・0)。大会はこれが初開催。メーンキャスターを松岡修造が務める。
 大会には、日本、アメリカ、カナダ、ロシア、フランス、中国の世界ランキング上位6カ国が出場。男女シングル各2人、ペアとアイスダンス各1組がチームを組み、総合ポイントで優勝を争う。日本代表は男子シングルが織田信成と小塚崇彦、女子シングルは浅田真央と安藤美姫、アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組、ペアは高橋成美、マービン・トラン組が出場する。
 日本チームのキャプテンを務める織田は「みんなをリラックスさせるのが僕の役目。シーズン終盤で体は仕上がっているので、みんながいい精神状態で試合に臨める環境をつくりたいです。普段からコミュニケーションが取れているので、チームワークはバッチリです」と世界一への手応えを語る。
 “世界女王”として迎えた3月の世界選手権では4位に敗れた浅田だが、4月1日に大学の入学式を終え、心機一転。「すっきりとした気持ちで大会に臨めます。今回はチーム戦なので、みんなで力を合わせて優勝に向けて頑張ります」と抱負を語っている。
http://www.tvguide.or.jp/TF0802LS.php?groupId=105&newsId=949
川口が国別対抗戦でロシア代表に/フィギュア
日本スケート連盟は7日、フィギュアの世界国別対抗戦(16−18日・国立代々木競技場)に出場する6カ国の代表選手を発表し、ロシアからはペアで世界選手権3位の川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組が選ばれた。日本は浅田真央(中京大)安藤美姫(トヨタ自動車)らが出場する。
 国別対抗戦は国際スケート連盟が主催する初めての団体戦で、男女の各2人とペア、アイスダンスの各1組が滑り、順位点の合計で優勝を争う。
http://www.sanspo.com/sports/news/090407/spm0904071950000-n1.htm

2009.04.02 テレ朝新人・宇賀アナがフィギュア選手激励
テレビ朝日系で中継される「世界フィギュアスケート国別対抗戦2009」(16日から4夜連続、後7・0)の発表会見が1日、東京・六本木の同局で行われ、今年度の新入社員41人が「チームJAPAN」の激励に駆けつけた。
 宇賀なつみ(22)、加藤真輝子(23)の両新人アナウンサーが、浅田真央選手(18)らに花束贈呈。1日から「報道ステーション」のお天気コーナーに出演中の宇賀アナは「どんな時も明るく前向きにがんばります」と入社式で意欲十分にあいさつした。
http://www.sanspo.com/geino/news/090402/gnj0904020502005-n1.htm
真央が国別対抗戦へ「チャレンジしたい」
フィギュアスケートの世界国別対抗戦(16〜18日・国立代々木競技場)に出場する日本の男女代表が1日、東京都内で記者会見し、世界選手権3位の安藤美姫(トヨタ自動車)は「チーム一丸となって頑張る」と意気込みを語った。
 午前中に中京大の入学式に出席した浅田真央は「(4位に終わった)世界選手権でできなかったことにチャレンジしたい」と抱負を述べた。
 国別対抗戦は国際スケート連盟が主催する初の団体戦で、男子は世界選手権6位の小塚崇彦(トヨタ自動車)と7位の織田信成(関大)が代表。出場は6カ国で、米国は世界王者のエバン・ライサチェク、フランスは世界選手権3位のブライアン・ジュベールが代表入り。各国とも男女各2人とペア、アイスダンス各1組が滑り、順位点の合計で優勝を争う。
http://www.nikkansports.com/sports/news/
f-sp-tp0-20090401-477826.html
フィギュア:安藤は大技挑戦、真央も抱負…団体戦控え会見
フィギュアスケートの世界国別団体戦(16〜18日、東京・代々木第1体育館)の男女の日本代表が1日、東京都内で会見し、大会に向けた抱負を語った。
 米ロサンゼルスで行われた世界選手権で銅メダルを獲得した安藤美姫(トヨタ自動車)は「3−3(回転連続ジャンプ)を入れることと、(4回転)サルコウに挑戦できたらいい」と大技挑戦の意向を表明。4位に終わった浅田真央(中京大)は「世界選手権でできなかったところをチャレンジしたい」と3回転ルッツの成功などを誓った。
 男子で6位だった小塚崇彦(トヨタ自動車)は「4回転(トーループ)に挑戦したい」と宣言。7位にとどまり、今大会の主将に任命された織田信成(関大)は「美姫はリラックス、真央は攻めの気持ち、小塚君は楽しむ気持ちでやればいい」と3人に助言した。
 日本のほか米国、カナダ、ロシア、フランス、中国が参加。ロシアとカナダを除く国の代表も発表され、世界選手権男子優勝のエバン・ライサチェク(米国)、同男子3位のブライアン・ジュベール(フランス)が出場する
http://mainichi.jp/enta/sports/general/general/
news/20090402k0000m050034000c.html
2009.04.01 安藤、真央らが抱負=フィギュア国別対抗
 フィギュアスケートの国別対抗戦(16〜19日、東京・代々木体育館)に出場する日本チームの記者会見が1日、東京都内で行われ、先の世界選手権で銅メダルを獲得した女子の安藤美姫(トヨタ自動車)は「チームジャパンで一丸となって頑張る」と話し、大学の入学式を終えて駆けつけた浅田真央(中京大)は「(4位に終わった)世界選手権でミスしたことにチャレンジしたい」とすっきりした表情で語った。
 主将を務める男子の織田信成(関大)は「しっかり練習して大会に合わせる」。今季躍進した小塚崇彦(トヨタ自動車)は「4回転に挑戦する」と世界選手権で回避した大技への意欲を示した。
 国際スケート連盟主催の国別対抗戦は初開催で、世界選手権終了時のポイント上位の米国、カナダ、日本、ロシア、フランス、中国が出場。男女シングル各2人、アイスダンスとペア各1組の合計点で争われる。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009040100866

2009.03.30フィギュア:世界国別団体戦の出場国が決定
 国際スケート連盟は29日、フィギュアスケートの世界国別団体戦(4月16〜18日、東京・代々木第1体育館)の出場6カ国を発表した。開催国・日本のほか米国、カナダ、ロシア、フランス、中国。今季のジュニアを含めたグランプリシリーズ、世界選手権など主要大会の各国の成績をポイント化し、上位国を選んだ。各国とも男女各2人とペア、アイスダンスの各1組が出場する。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090330k0000e050057000c.html
日米、カナダなど6か国が出場…フィギュア世界国別対抗戦
 国際スケート連盟(ISU)は29日、フィギュアスケートの第1回世界国別対抗戦(4月16―18日・国立代々木競技場)の出場国が日本、米国、カナダ、ロシア、フランス、中国の6か国に決まったと発表した。
 出場国は世界選手権など主要国際大会の成績を得点化して決定し、日本は6660点の3位。米国が7659点で1位だった。
 大会は男女各2人、ペアとアイスダンスの各1組の合計得点で争う方式で実施し、日本からは女子の浅田真央(愛知・中京大中京高)安藤美姫(トヨタ自動車)らが出場する。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/
20090330-OHT1T00197.htm
2009.03.29真央、美姫らが国別対抗戦の代表/フィギュア
日本スケート連盟は29日、フィギュアスケートの世界国別対抗戦(4月16−18日・国立代々木競技場)に出場する日本代表を発表し、女子は浅田真央(愛知・中京大中京高)と安藤美姫(トヨタ自動車)が選ばれた。
 男子は織田信成(関大)と小塚崇彦(トヨタ自動車)が代表入りし、ペアは高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)マービン・トラン(カナダ)組、アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)が選出された。
http://www.sanspo.com/sports/news/090329/spm0903291536005-n1.htm


2009.01.20国別対抗戦の選考基準決まる=フィギュア
 日本スケート連盟は21日の理事会で、フィギュアスケートの国別対抗戦、ワールドチームトロフィー(来年4月16〜19日、東京)の代表選考基準を決めた。世界選手権(3月、ロサンゼルス)後に今季の成績や世界ランキングを基に総合的に判断するが、男女の代表は世界選手権の上位各2人を選ぶことが基本。四大陸選手権(2月、カナダ・バンクーバー)の成績を考慮する場合もある。 
 国別対抗戦には6チームが出場。それぞれ男女各2人、ペアとアイスダンス各1組で編成する。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009012100917


フィギュア:国別対抗戦を東京で開催…来年4月
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦が来年4月16〜18日、東京・代々木第1体育館で開かれることが23日、発表された。グランプリシリーズ、世界選手権などの成績を基に6カ国が出場し、男女各2人、ペア1組、アイスダンス1組のチーム構成。
http://mainichi.jp/enta/sports/news/20080924k0000m050105000c.html

フィギュアの団体戦創設=来年4月、東京で第1回−国際スケート連盟
 国際スケート連盟(ISU)は21日、フィギュアの世界団体戦「ワールド・チーム・トロフィー」を創設し、第1回大会を来年4月16〜19日に東京で開催すると発表した。
 大会は男女各2人、ペアとアイスダンス各1組でチームを編成。グランプリ(GP)シリーズ、世界選手権などの成績を基にしたランキングで、開催国を含めた上位6カ国・地域に出場権が与えられる。第1回大会に日本は開催国として出場する。賞金は総額100万ドル(約9950万円)、優勝20万ドル(約1990万円)の予定。
 ISUのチンクワンタ会長は「あらゆるカテゴリーの普及発展につなげたい」と導入目的を話した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008032101026

フィギュアで初の団体戦 来年4月に日本開催
国際スケート連盟(ISU)が来季からフィギュアで初めて世界レベルの団体戦「世界チームトロフィー」(仮称)を創設し、来年4月に日本で開催することが17日、分かった。日本スケート連盟関係者が明らかにした。
 フィギュアの人気拡大を目指すもので、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組の4種目混合のチーム構成。世界ランキングのシーズンのポイント合計上位などの6カ国・地域に出場枠を与えるという。
 団体の世界一を決める新たな公式戦で、地元日本は昨季の世界選手権女子で優勝した安藤美姫(トヨタ自動車)2位の浅田真央(愛知・中京大中京高)男子2位の高橋大輔(関大)ら豪華布陣で初代王者を狙うことになりそうだ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/headlines/
skate/20080317-00000047-kyodo_sp-spo.html

初回設定日2008.03.18 Tuesday 01:11
| RingOnIce | 世界国別対抗戦 | - | - |