フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


RingOnIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品


2016/17シーズン・フィギュアスケート関連商品一覧


<< 勝山スケーティングクラブ(宮城県仙台市) | main | マキシム・スタビスキーさん関連記事 >>
カタリナ・ビットさん関連記事
カタリナ・ビットさん関連記事
2009.05.06【美女カタログ】ヌードになったヒロイン カタリナ・ビット(フィギュアスケート)
アイススケートのシーズンが終わった。今回はちょっと“回顧版”で…歴史に翻弄(ほんろう)されたフィギュア界のヒロインに触れてみたい。11年前に米プレイボーイ誌がスポーツ選手として「初めて」というヌードを披露し、昨年3月に42歳でプロを引退した伝説のスケーターである。
 1984年サラエボ、88年カルガリー五輪で連覇。当時はドイツが東西に分かれていた冷戦時代で、東ドイツのビットは米タイムズ誌で「社会主義最高の美貌(びぼう)」と呼ばれた。カルガリー五輪ではハイレグの衣装が「セクシーすぎて試合をショー化している」と非難されもした。
 5歳でスケート靴を履き、8歳から国家プロジェクトによるスポーツ英才教育を受けた。五輪連覇を果たすと、祖国功労大勲章を受けた。政権の“寵愛”を受け、共産主義をたたえる発言を繰り返したのもこのころだ。
しかし、ほどなく歴史は劇的に動く。89年、民主化要求がデモとなり、ベルリンの壁は崩壊した。翌90年に東西ドイツは統一。同時に、国家から恩恵を受けていたビットの境遇も劇的に変わる。秘密警察のスパイでは…と疑われ、ドーピングの疑いもかけられ、男性関係まで暴露された。
 プロの五輪参加が認められた94年のリレハンメル五輪。5種類の3回転ジャンプを跳ぶ選手が続々現れ、伊藤みどりは女子初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳ぶ時代。だが、2種類程度の3回転ジャンプしか跳べない28歳は、舞った。最初に金メダルを取ったサラエボが内戦で多くの死者を出すなど悲惨な状況にあることを憂い、フリーでは反戦歌「花はどこへ行った」に乗って、時代に翻弄(ほんろう)されたビットは個人として、平和を望む意志を、世界に示した。
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/090506/
oth0905061301002-n2.htm


2008.03.18「銀盤の女王」、氷上生活に別れ=連続金メダルのカタリナ・ビットさん−独
1984年サラエボ、88年カルガリー両冬季五輪の女子フィギュアスケートで連続金メダルを獲得、引退後はプロ入りし、スケートショーで活躍していたドイツのカタリナ・ビットさん(42)がこのほど、37年にわたる氷上生活に別れを告げた。
 旧東独出身のビットさんは、5歳の時にフィギュアを始め、厳しいトレーニングでめきめきと才能を伸ばした。その特徴は高い芸術性。現在のトップ選手のような難度の高いジャンプはなかったが、「社会主義最高の美貌(びぼう)」とも形容された華やかな容姿と優雅な滑りで、「銀盤の女王」の名をほしいままにした。
 その後、競技生活から退いたが、94年のリレハンメル五輪を前に復帰。統一ドイツの代表として五輪出場を果たした。当時、初めて金メダルを獲得した思い出の地サラエボは、ボスニア紛争の渦中。ビットさんは反戦歌として知られる「花はどこへ行った」を演技の曲に選び、最終的に7位に終わったものの、平和への祈りを込めた舞は強い印象を与えた。
 独メディアによると、最近は「3時間練習すると、体力回復のために3時間が必要」だったという。4日にハノーバーで行われた最後のショーでは、「心配していたほど涙は出なかった」とビットさん。今後はテレビ解説などの仕事のほか、障害を持った子供を支援する活動に力を入れるという
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008031800086

カタリナ・ビットが最後の「カルメン」…プロスケーターを引退 
フィギュアスケート女子で1984年サラエボ、88年カルガリー両冬季五輪と2連覇したカタリナ・ビット(42)が4日夜にドイツのハノーバーで行われたアイスショーで、代名詞ともいわれた「カルメン」を舞い、プロスケーターを引退した。
 旧東ドイツ出身のビットは米タイム誌で「社会主義最高の美ぼう」と評された容姿となまめかしい演技で世界を魅了。カルガリー五輪ではライバルのデビ・トーマス(米国)と同じカルメンを演じ、「カルメンの戦い」と呼ばれた。
 最後のショーを終えたビットは「よくやった。恐れていたよりも涙は出なかったわ」と話した。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20080306-OHT1T00177.htm
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080306/oth0803062009007-n1.htm

初回設定日2008.03.07 Friday 09:26
| RingOnIce | ■海外の話題・フィギュアスケーター | - | - |