フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< 安藤美姫選手関連記事(2008年2月) | main | ナガノ・メモリアル・オン・アイス2008関連記事 >>
2008世界ジュニアフィギュアスケート選手権
結晶Entries/Results
星Starting Orders / Result Details

結晶現地公式サイト
Jフィギュア 長洲は3位、西野5位 
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は1日、ソフィアで女子フリーを行い、両親が日本人でショートプログラム(SP)首位の全米選手権女王、長洲未来(米国)はフリー3位の合計162・89点で3位だった。
 SP4位の西野友毬(東京・武蔵野中)はフリー6位で合計139・44点の5位、SP10位の水津瑠美(東京・駒場学園高)は合計112・19点で16位。日本女子は2人の合計順位で13位以内を満たせず、来季の出場枠は2枠となった。
 全米2位でSP3位のレイチェル・フラット(米国)がフリー1位の合計172・19点で逆転し初優勝。昨年優勝のキャロライン・ザンが2位で米国勢が2年連続して表彰台を独占した。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/03/02/0000857726.shtml

フィギュア世界Jr:キム・ヒョンジョン14位、長洲は3位
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は2日、ブルガリアのソフィアで最終日を迎え、キム・ヒョンジョン(16)=パンサン中=は女子シングルスで115.09点をマークし、14位だった。また、シン・ナヒ(18)=キョンミョン女子高=は111.47点で17位。優勝は172.19点を挙げた米国のレイチェル・フラット。次いで同じく米国のキャロライン・ザン(171.84点)が2位、長洲未来(162.89点)が3位となった。
http://www.chosunonline.com/article/20080303000020

西野5位、フラットが優勝=フィギュア世界Jr
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は1日、ソフィアで女子自由が行われ、日本勢はショートプログラム(SP)4位の西野友毬(東京・武蔵野中)が自由で6位、合計139.44点で5位となった。全日本ジュニア優勝の水津瑠美(東京・駒場学園高)は16位に終わった。
 SP3位のレイチェル・フラットが自由で1位となり、合計172.19点で逆転優勝し、前年優勝のキャロライン・ザン(ともに米国)が2位。両親が日本人でSPトップの長洲未来(米国)は自由3位で、総合3位にとどまった。 
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008030200006


米国組が初優勝 フィギュア世界ジュニア
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第4日は29日、当地でアイスダンスフリーを行い、エミリー・サミュエルソン、エバン・ベーツ組(米国)が規定、オリジナルダンス(OD)フリーすべて1位の合計181・66点で初優勝した。日本選手は参加していない。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/headlines/
skate/20080301-00000003-kyodo_sp-spo.html


西野4位、長洲が首位 世界Jフィギュア第4日
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第4日は29日、女子ショートプログラム(SP)を行い、昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナル3位の西野友毬(東京・武蔵野中)がほぼノーミスの演技で54・15点をマークし4位につけた。
 全日本ジュニア選手権で優勝した水津瑠美(東京・駒場学園高)はジャンプで失敗し、46・25点の10位だった。
 全米選手権女王で両親が日本人の14歳、長洲未来(米国)が65・07点で首位。2連覇を目指すキャロライン・ザン(米国)が62・60点で2位。
http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2008022901001032.html


安藤も目を奪われるリッポン、来季は高橋のライバルに
 世界女王の安藤(トヨタ自動車)を指導するモロゾフコーチの秘蔵っ子、リッポンが男子で金メダル。「世界ジュニアの重圧であまりうまくできなかったけれど、この結果はうれしい」
 3回転半抜きの演技構成で得点源の冒頭の2連続3回転の着氷が乱れたが、観戦した安藤は「一つ一つの演技に目を奪われる」。美しい滑りと洗練された踊りで、表現力を示す5項目はただ1人、6点台をそろえた。
 来季からはシニアに参戦する。3回転半も習得中のリッポンは「シニアレベルの技術に上げたい」と来季を見据えた
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080229/
oth0802291439003-n1.htm

不正経理事件後、強化体制が一変 フィギュアでジュニア育たず
 2002年に高橋、05年に織田(ともに関大)06年に小塚(トヨタ自動車)と世界ジュニア王者を輩出してきた日本男子フィギュアスケートがどん底に落ちた。
 3季連続出場で期待を背負った無良は2度の3回転半の失敗で19位。初出場の佐々木は軽快な滑りで手拍子も起きたが17位にとどまった。7年前と同じ開催地で来季の出場枠がまたも1枠に減って「ソフィアの悲劇」を繰り返した。
 シニアは四大陸選手権でアベック優勝と世界のトップレベルにいるが、ジュニア世代は急降下。2年前が5位、昨年8位と無良の成績が象徴するように、06年トリノ五輪後の不正経理事件で日本スケート連盟の強化体制が一変してから、ジュニア育成が停滞している。
 佐々木は「さらに上で戦うために2連続3回転を跳べるようにしたい」と意気込み、無良は「来季は2枠を取り戻すくらいの気持ちでやりたい」と巻き返しを口にしたが、2人のどちらかは来季は出られない。世界の大きな舞台に立てる好機も減り、ジュニアの立て直しは時間がかかりそうだ
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080229/
oth0802291438002-n1.htm


佐々木は17位、無良19位 フィギュア世界ジュニア
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は28日、当地で男子フリーを行い、日本選手でショートプログラム(SP)18位の全国高校総体覇者、佐々木彰生(神奈川・武相高)は合計155・14点で17位、SP21位と出遅れた全日本ジュニア選手権王者の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)は合計145・82点で19位に終わった。
 来季の出場枠を2枠確保するには2人の合計順位で28位以内が必要で、日本男子は7季ぶりに出場枠が1枠に減った。
 SP首位のアダム・リッポン(米国)がフリーも1位となり、合計199・90点で初優勝し、昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルと合わせた2冠を達成した。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/headlines/
skate/20080229-00000006-kyodo_sp-spo.html


エース不振でピンチ 日本男子は来季1枠か
 エースの大不振で、フィギュアスケートジュニアの日本男子がピンチを迎えた。SPで3季連続出場の無良が想定外の21位。初出場の佐々木も18位となって「来季の出場枠が(2人合計で29位以下の)1枠になってしまう」と日本連盟の関係者は危機感を漏らした。
 初出場の2季前に5位と健闘した無良はジュニアグランプリ(GP)ファイナル出場を逃すなどの不調で「今の自分を変えないといけない」と1月から岡山・倉敷翠松高に編入。五輪女王の荒川静香さんに基礎を教えた長久保コーチに指導も受けたが、1月に痛めた左足首の影響で得意のジャンプ失敗が相次いだ。
 無良はSP首位のリッポンも跳ばない高度な3回転半をフリーに2度も入れる。父親の隆志さんが世界ジュニア前身の国際連盟ジュニア銀メダルで、父子メダルの期待も集めただけに「挽回(ばんかい)するためにやるしかない。長久保先生に習って滑りもよくなっているし、そういう部分を見せたい」。
 11日の誕生日で17歳になったばかりの2世選手は、同学年の佐々木とともにフリーで2枠死守を目指す。
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080228/oth0802281027004-n1.htm


世界Jフィギュア ペアの高橋組は15位 
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第2日は27日、ソフィアで行われ、ペアのショートプログラム(SP)で13位の高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)メービン・トラン(カナダ)組はフリーで2度のジャンプ転倒が響き、合計113・23点で15位に終わった。
 昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナル2位でSP首位のクセニア・クラシルニコワ、コンスタンティン・ベズマテルニフ組(ロシア)がフリー2位ながら、合計148・12点で初優勝した。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/02/28/0000854288.shtml

世界ジュニア 佐々木と無良は出遅れる
 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第2日は27日、ソフィアで男子ショートプログラム(SP)を行い、全国高校総体覇者で初出場の佐々木彰生(神奈川・武相高)が50・05点の18位、全日本ジュニア選手権優勝で3季連続出場の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)は47・66点の21位と日本勢は出遅れた。
 ジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制したアダム・リッポン(米国)が69・35点でトップに立った。
 男子フリーは28日に行う。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/02/28/0000853708.shtml


女子SPは長洲が55番、西野は48番滑走 
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で29日にソフィアで行われる女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が27日に行われ、両親が日本人で初優勝を狙う全米選手権女王、長洲未来(米国)は最終第10グループの55番滑走に決まった。
 ジュニアグランプリ(GP)ファイナル3位の西野友毬(東京・武蔵野中)は48番、全日本ジュニア選手権優勝の水津瑠美(東京・駒場学園高)は49番で、2連覇を目指す46番のキャロライン・ザン(米国)とともに第9グループに入った。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/02/28/0000853633.shtml


高橋組はSP13位=世界Jフィギュア
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は26日、ブルガリアのソフィアで行われ、ペアのショートプログラム(SP)で高橋成美(千葉・渋谷教育幕張高)メービン・トラン(カナダ)組は42.97点で13位だった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000047-jij-spo

フィギュアの世界ジュニアがソフィアで開幕 
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は26日、ブルガリアのソフィアで開幕し、アイスダンスの規定を行った。
 27日に始まる男子に、全日本ジュニア選手権覇者の無良崇人(岡山・倉敷翠松高)と佐々木彰生(神奈川・武相高)が出場。29日開始の女子は昨年5位の水津瑠美(東京・駒場学園高)と西野友毬(東京・武蔵野中)が出場し、両親が日本人で全米選手権覇者の長洲未来もエントリーした。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2008/02/27/0000852312.shtml

Icenetwork.com to stream junior world championships
California trio, who finished 1-2-4 at national championships, are too young to compete in senior world championships.
U.S. Figure Skating has made a deal that will allow U.S. audiences to watch the three female stars of last month's national championships compete at the world championships.
That's the world junior championships, because Mirai Nagasu, Rachael Flatt and Caroline Zhang, the California trio who finished 1-2-4 at the senior U.S. championships, all missed the age cutoff for the senior world meet.
U.S. Figure Skating officials were able to convince the International Skating Union that it would be good for the sport to allow the U.S. federation's website, www.icenetwork.com, to do live streaming of the entire competition from Sofia, Bulgaria.
The webcasts are free to anyone who registers with icenetwork.

The schedule:
Tuesday, compulsory dance, 3:30 a.m.; pairs short, 9:15 a.m.
Wednesday, men's short, 12:30 a.m. and 4:45 am.; pairs final, 9 a.m.
Thursday, original dance, 3 a.m.; men's final, 8:30 a.m.
Friday, women's short program, 11:15 p.m. and 4 a.m.; dance final, 8:30 a.m.
Saturday, women's final, 3:30 a.m.


初回設定日2008.01.15 Tuesday 13:02
| RingOnIce | ・世界ジュニア選手権 | - | - |