フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< 12/08GPファイナル | main | 2012/2013 フィギュアスケートグランプリファイナル(シニア/ジュニア) >>
12/10 フィギュアスケート:GPファイナル 高橋、勝因は「総合力」
毎日新聞 2012年12月10日 東京夕刊

 【ソチ(ロシア)芳賀竜也】14年ソチ五輪のテスト大会を兼ねて当地で8日まで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで、男子はショートプログラム(SP)首位の高橋大輔(関大大学院)がフリーでもトップを守り、日本男子として初の優勝を果たした。

 2位には羽生結弦(はにゅう・ゆづる)=宮城・東北高=が入り、2連覇中だったパトリック・チャン(カナダ)を3位に抑えた。小塚崇彦(トヨタ自動車)は5位、初出場の町田樹(たつき)=関大=は6位だった。

 ◇日本男子が躍進

 出場7回目でやっと、王座に就いた。日本男子として初めてGPファイナルを制した高橋。だが、「結果だけ見ればうれしいが、フリーだけでは3位。ファイナル王者としてはまだまだ」と、浮かれた表情を見せなかった。

 高橋は勝因を「総合力」と分析する。最近の男子は「4回転時代」と言われ、4回転ジャンプの数と精度が勝負の鍵を握ると言われていた。だが、フリーで2種3回の4回転を跳んだハビエル・フェルナンデス(スペイン)はSPでの出遅れが響いて合計では4位止まり。SPとフリー、さらにはその中でも総要素点とプログラム構成点をそろえた高橋が逃げ切る形となった。

 だが、SPでミスがあり、フリーでも4回転サルコウが2回転になるなど万全ではなかった羽生が、高橋と5点差の2位につけたことは、高橋にとって脅威であり、日本にとっては強みである。史上最多の4人で臨んだ日本男子。羽生は「自分にとって先輩方が一緒にいてありがたかった。追いついて、追い抜こうという気持ちにもなる」と語る。

 高橋、羽生、チャンという表彰台は、くしくも昨季の世界選手権(フランス・ニース)と同じ。チャンだけ二つ順位を下げた今大会の結果を受け、男子世界地図の書き換えが始まろうとしている。【芳賀竜也】
http://mainichi.jp/select/news/20121210dde035050037000c.html
| RingOnIce | フィギュアスケートシーズンの話題 | - | - |