フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ



画像:ISU(Instagram)


NowOfIce/フィギュアスケート・アイスショーのチケット情報/オンラインショップ
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

クラシカロイド・オン・アイス
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品

氷上のクラシック~ロード to 平昌
オムニバス(クラシック)
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

チーム・ブライアン 300点伝説
ブライアン・オーサー
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品

羽生結弦 会見全文
アスリート研究会
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品
フィギュアスケート商品



<< 村主章枝選手関連記事(2010年7月) | main | 「真夏の氷上祭典2010 THE ICE」 >>
日本スケート連盟関連記事(2010.07〜2011.06)
日本スケート連盟関連記事(2010.07〜2011.06)

next日本スケート連盟(JSF)
リザルト&データ公式サイト

nextISU
nextISU加盟国・地域

2010/07/31 真央、大輔らで選手会が発足
 バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダルの浅田真央(19)=中京大=ら、日本スケート連盟の強化指定選手が中心になった選手会が来季にも発足することが30日、分かった。日本連盟の橋本聖子会長(45)が提案し、この日の理事会で承認された。
 「現場の声を吸い上げて組織に生かし、選手に責任を持たせるためにも選手会を作りたい」と同会長。14年ソチ五輪に向けた強化やジュニア育成について選手側からの要望やアイデアを募るのが目的で、年内に具体的な組織案をまとめる方針。
 構想ではスピード、フィギュア、ショートトラック各部門の会長を選び、1人を選手会長に決定。同連盟理事会にもオブザーバーとして出席を認めるという。橋本会長は「人望のある人でないとできない」と話し、会長候補にはフィギュア男子の高橋大輔(24)=関大大学院=らが挙がっている。
hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20100730
高橋大輔、初代スケート選手会長候補
日本スケート連盟が14年ソチ五輪へ向けて来季から選手会を発足させることが30日、分かった。この日の理事会で橋本聖子会長(45)が発案し、承認された。選手サイドからの意見を積極的に吸い上げて、協議する狙い。橋本会長は「プロスポーツには選手会があるが、今の時代はプロもアマチュアも関係ない。選手会を作るのはかねてからの思い」と説明した。
細部はこの1年で練るが、骨格としてはフィギュア、スピードスケート、ショートトラックの3競技で代表クラスの選手が対象になる。それぞれが代表者を立て、選手会長、副会長と役割分担。現場の意見をまとめ、オブザーバーとして理事会に出席し、連盟に伝えていくプランもある。
 選手会長の人選はこれから。同連盟関係者は「(スピードスケートの)岡崎とか適任だけど、任せっきりになってしまうかもしれない。橋本会長は勢いがあるフィギュアからがいいと考えている。そうなると高橋(大輔)がいいのでは」と話した。今は19歳と若いが、将来的にはカリスマ性から見ても、浅田真央も有力な候補となりそうだ。
 プロスポーツでは賃金闘争や地位向上を目指し、選手サイドが動いて、組合組織を発足させてきた歴史がある。今回は、連盟が動いて選手会の設立を促す異例の形だが、選手と連盟が一体となって、環境面、指導の充実化を図っていく覚悟だ。橋本会長は「選手も意見を要望することで責任を果たさなければならないし、資質向上にもつながる」と改革に期待を寄せた。
www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20100731
2010/07/30 【スケート】現場の意見吸い上げへ連盟内に選手会設置へ
 日本スケート連盟は30日、都内で開いた理事会で、連盟内に選手会を設置し、現場の意見を吸い上げる態勢を作る方針を決めた。提案した橋本聖子会長は「選手の声を聞きやすくしたい」と話し、選手と連盟の関係を密にしていく考えだ。
 対象となる選手の年代や範囲などを今季中に決め、来季から活動する方針。フィギュア、スピード、ショートトラックの各部門から代表を決め、会長1人、副会長2人とする。日程などが合えば、理事会にも参加し発言してもらう。
 フィギュア世界選手権(来年3月、東京)の選考方法も発表。グランプリ(GP)シリーズランク3位以内などの選手を対象に、年末の全日本選手権終了後、男女各3選手を選ぶ。バンクーバー五輪前のように事前の内定は出さない。
sankei.jp.msn.com/sports/other/100730/oth100730
2010/7/4真央に有利? フィギュア、ルール改正のポイントは…
国際スケート連盟 平松純子理事に聞く

 2年に一度の改正期を迎え、今季からフィギュアスケートのルールが大きく変わる。浅田真央(中京大)得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が女子のショートプログラム(SP)でも単発で跳べるようになり、「浅田真ら日本選手に有利?」との声も聞こえるが、実際はどうなのか。改正点のポイントを記し、そのポイントごとにISU(国際スケート連盟)の平松純子理事に解説してもらった。

 日本では女子SPでトリプルアクセルが跳べるようになったことに注目が集まるが、男子SPでもバンクーバー五輪で銀メダルに終わったエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が「評価が低い」と話して論議を巻き起こしていた4回転ジャンプの跳べる数が、1度から2度に増えた。また、跳びやすい割に得点が高いダブルアクセル(2回転半ジャンプ)はフリーでは3度跳べたが、2回しか跳べなくなった。

 そして今回の変更で最大の注目点は回転不足やミスの減点が軽減されたことだろう。これまではジャンプの回転が4分の1回転以上足りないと、回転不足と判定されていた。例えば4回転ジャンプを回転不足の上に転倒すると、3回転ジャンプ分の基礎点しかもらえず、しかも転倒による減点などで、1回転ジャンプ程度の得点になってしまっていた。

 今回の改正で「4分の1回転以上2分の1回転未満の回転不足」は、基礎点の70%がもらえる。昨季の高橋大輔(関大大学院)の4回転や、浅田のトリプルアクセルの回転不足は「2分の1回転未満」なのでメリットは大きい。難しいジャンプについては基礎点も上がり、減点幅も縮まった(別表参照)。トリプルアクセルは基礎点が8.2点から8.5点になり、回転不足でも70%がもらえるため6点の基礎点が残る。減点幅も1.4〜4.2点から、1〜3点の範囲に縮まった。

「難度の高い技に挑戦を」

平松理事 「もっと早く変えたかったが、バンクーバー五輪前に大きな変更をすることには抵抗もあり、このタイミングでの改正になった。4回転をミスすると1回転と変わらない得点になってしまうのはおかしいという認識は以前からあった。難度の高い技に挑戦する人が減って、技の発展がないスポーツというのもね……。伸び盛りであるノービス(10歳から13歳のクラス)の選手たちがミスで順位を落とすのを恐れて、無難にまとめる傾向が出ていて憂慮していた」

 「6点満点時代は難しいジャンプを跳ぶ選手が大勢いたけれど、質には疑問がつくものも少なくなかった。だから、04ー05年シーズンに導入した新採点システムでは『質を追求しよう』ということになった。そうしたら、難しいものに挑戦してミスをした場合のリスクが大きくなって、難度を落としても全体をまとめて完ぺきに滑ろうという方向が出てきた」

 「改正で高難度の技に挑戦する人が増えてほしいが、一方で質にこだわる点は変わらない。全体的にミスの減点幅は小さくなったが、両足着氷などの減点は大きくなった。またジャンプの比重ばかりが高くなると、ほかの要素とのバランスが崩れるので、6種類の3回転ジャンプ中(ダブルアクセルも3回転のカテゴリーに含む)3種類の基礎点は下がったし、減点幅だけでなく、加点幅も小さくなった」

女子SPではスパイラルなくなる

 ジャンプ以外の要素は「レベル1〜4」で判定される。ルールブックに書かれた要素のうち、2つを満たせばレベル2、4つならレベル4……と、レベルごとに基礎点がある。より高いレベルをとるためにみんなが同じ技になりがちで「フィギュアの面白みがなくなった」という声が出ていた。




「ドリーム・オン・アイス」で演技する高橋大輔=共同
 今回、選手の負担を減らすためにSP、フリーともに必須要素を減らした。男女SPはジャンプ、ステップ、スピンなど8要素で構成されるが、SPの要素が7になり、男子はステップ2種類が1種類へ、女子は「時間がかかる」という声が多かったスパイラルがなくなった。

 フリーも男子は2種類のステップのうち1種類は決められた動きをこなし、女子はスパイラルが3秒×2姿勢か、6秒×1姿勢に短縮された。スピンの構成要素が変わり、体に及ぼす影響を考慮して、背中を後ろにそらすビールマン姿勢も制限された。

「もっと自由に曲を表現して」

 平松理事 「6点時代には『スピンは休める』という選手もいたが、04−05年シーズンの新採点システム導入によってスピンとステップにかかるエネルギーは膨大になった。より高いレベルを取るのに精いっぱいで、演技で表現する余裕のある選手は限られてしまう。ジャンプもありますしね。6点時代を知る人たちから『演技に個性がない』という意見が根強くあった。今から見ればレベルは低くても、質が高く、歴史に名を残す演技はありましたから」

 「集客を考えても試合の長時間化は避けたいので、演技時間は延ばせない。そこでSPで男子はステップ、女子はスパイラルをなくした。その代わりに演技構成点の『トラジション(技のつなぎ)』で評価する」

 「フリーはあらかじめやることを決めてしまい、演技上での余裕を作った。体力の負担が軽減された分、自由に曲を表現して独創的な演技を見せてほしいというメッセージ。6点時代の02年ソルトレークシティー五輪金メダルのアレクセイ・ヤグディン(ロシア)の『ウインター』、98年長野五輪銅メダルのフィリップ・キャンデロロ(フランス)の『三銃士』、ちょっと古くなるが、76年インスブルック五輪3位のトーラー・クランストン(カナダ)……等々のようにね」

誰が得をする?

 難度の高いジャンプに挑戦しやすくなり、女子の浅田真、男子の高橋、小塚崇彦(トヨタ自動車)のように、ミスにもめげずに挑戦し続けてきた選手には追い風だろう。無理せずまとめてきた選手は、高難度のジャンプを試合で組み込むまでに多少時間がかかるかもしれない。


 「質重視」は変わらないので、技の出来栄え点(GOE)が高い金妍児(キム・ヨナ、韓国)にとって必ずしも不利ではないが、過去3年以上ほぼ同じだったジャンプ構成を変えなければならないので、少してこずる可能性はある。

 ジャンプはそれほど得意でないが、線がきれいでいつも評価が高い女子のラウラ・レピスト(フィンランド)のような選手もより注目されるだろう。また、高橋や金妍児のように技術もあって踊れる選手から、昨季以上の名プログラムが誕生するかもしれない。

 一方、質や表現力重視は審判の裁量が採点を左右することを意味する。昨季まで9人の審判から無作為選出の2人を削除した7人の審判の得点(そこから最高・最低得点をカットした5人分)で採点していたが、今季からは9人の審判の得点(同7人分)で採点される。

「選手は自分の個性を見極めることが大切」

 平松理事 「審判はますます大変ですよ。新採点システムに変更直後は、無理やりでもジャンプを着氷し、ギリギリでもレベル4がとれていれば、GOE、演技構成点とも高評価が出がちだった。しかし『いいと思ったものに点を出すように』と言い続け、そのためのDVDを作って指導してきた結果、最近はレベルは低くても質が良ければGOEは出るし、技でミスしても、それを演技構成点と切り離して得点を出すようになってきている」

 「選手はまず自分の個性、セールスポイントを見極めることが大切。演技があまり得意でなくても、質のいいジャンプやステップでGOEや演技構成点の実施点を確実にとる。ジャンプが苦手だけれど、柔軟性や質、表現力で勝負する。全体でバランス良く得点をとる選手もいるでしょう」

 「万全を期したつもりでも新ルールがどうなるか、やってみなければ分からない。でも、バンクーバー五輪もそうだったが、ルールを良く知り、その中で勝つために自分はどんな戦略で行くかを見極めることが、勝負のポイントになると思う」


 ルールはISUの4人の技術委員とコーチ、選手代表各1人ずつの計6人で検討する。元五輪選手の平松理事は40年近く国際審判を務め、2002年から10年6月までISU技術委員。6点満点から新採点システムへの移行、今季のルール改正にも携わった。
www.nikkei.com/sports/column/article/

初回設定日:2010/7/4
| RingOnIce | 【スケート連盟関連】 | - | - |