フィギュアスケートニュース収集ブログ

[注意]ニュース速報ブログではなく、収集目的のブログ

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
フィギュアスケートグッズ



宮原知子の英語術 スケートと英語のさとこチャレンジ (日本語)

発売日:2020/3/28
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「スケートを語る」(宇都宮直子さん連載)現在4回目
続きを読む >>
そのた | 02:38 | - | - |
フィギュアスケート関連記事・その他記事(2016/2017年)
フィギュアスケート関連記事・その他(2016/2017年)












続きを読む >>
そのた | 19:55 | - | - |
フィギュアスケート関連記事・その他記事(2015/2016年)
フィギュアスケート関連記事・その他(2015/2016年)














続きを読む >>
そのた | 03:30 | - | - |
その他(2014/2015年)
その他(2014/2015年)
続きを読む >>
そのた | 18:39 | - | - |
「2020年東京オリンピック」関連
フィギュアスケート関連ではありませんがm(__)m
「2020年東京オリンピック」開催決定おめでとうございます。

2020東京オリンピック - Yahoo!ニュース

続きを読む >>
そのた | 19:44 | - | - |
その他(2013/2014年)
その他(2013/2014年)
続きを読む >>
そのた | 16:47 | - | - |
高円宮妃久子さまお言葉要旨 五輪招致、IOC総会
まず、日本国民を代表して御礼申し上げたいことがございます。2011年、大きな地震、そして津波を体験しました。国際オリンピック委員会(IOC)と関係者の皆様は、深い同情の念を表していただきました。私どもはそれに対する感謝の気持ちは一生忘れません。

 私は個人として、IOCの皆様に心から感謝したいと思います。IOCの特別な支援「ツバサ・プロジェクト」は、若い選手たちに、笑顔と希望をもたらしてくれました。日本語の「ツバサ」は、英語で「ウイング」という意味です。この翼を得て、未来へ、そして夢へ飛び立とうとしています。

 私たちのような皇族がこのように話をすることは初めてかもしれません。しかし、日本の皇族は常にスポーツを支援してきました。私の亡くなった夫はスポーツマンでした。私は9つのスポーツ組織の名誉総裁を務めています。そのため、非常に多忙です。

 「チームジャパン」がこれからプレゼンテーションを始めます。説得力のあるものとして聞いていただけると思います。今回、このような機会を与えてくれたことを、感謝いたします。
そのた | 09:48 | - | - |
フィギュア:スケート人生集大成 真央、ソチ五輪へ“省エネ振り付け”2013.04.28
最後の夢舞台へ省エネ振り付けだ。来季限りでの現役引退の意向を示しているフィギュアスケートの浅田真央(22=中京大)が14年ソチ五輪用のショートプログラム(SP)、フリーのプログラムをつくる際、移動の負担が従来より激減することが27日、分かった。

 浅田は既に来季の振り付けをSPはカナダ在住のローリー・ニコル氏、フリーはロシアのタチアナ・タラソワ氏に依頼。10〜11年シーズン以降、両氏が振り付けを担当しているが、これまではカナダかロシアの一方の国に行き、一度日本に帰国してから、もう一方の国に行っていた。今年は5月上旬にカナダでSPの振り付けを済ませると、米国に移動。他の選手の指導でタラソワ氏が米国に滞在している間にフリーの振り付けも行う。関係者は「移動負担が減るのは大きい」と説明した。

 浅田はこの日、新横浜スケートセンターで行われた「プリンスアイスワールド2013」に出演。今季のエキシビション「メリー・ポピンズ」ではなく、2季前に使用していたショパンの「バラード1番」をしっとりと演じた。「(来季は)凄く大事なシーズンになる」。エネルギーロスを抑え、スケート人生の集大成へ歩んでいく。

http://mainichi.jp/sponichi/news/20130428spn00m050010000c.html
そのた | 14:45 | - | - |
【フィギュア】真央、野菜嫌い克服「バランス良く食べます」(2013.04.28)
フィギュアスケート女子の浅田真央(22)=中京大=が27日、東京・中央区築地の住友生命東京本社で、同社と伊藤ハムが共同開催したイベントにサプライズゲストで登場した。来年2月のソチ五輪に向けた決意を語るとともに、食生活などのエピソードを披露した。

 イベントは両社が共同で子育てや食育を支援するプロジェクト「OYA―SAPO」の一環で、約65組の親子が参加した。両社のCMに出演する真央がピンク色のワンピース姿で登場すると、子供たちから「かわいい!!」と大歓声。真央は「小さい方がいて、すごくかわいい。私も将来はかわいい子供と、いい家庭を作りたいです」と照れ笑いした。

 トークショーで食生活について聞かれると、「小さい頃は野菜が好きではなくて、お菓子が好きでした」と告白。現在は野菜嫌いを克服したそうで「野菜、お肉、お魚、炭水化物とバランス良く食べます」と栄養管理の秘けつを明かした。さらに「朝、パンを焼いて、ハムを入れたサンドイッチにしたり、せいろ蒸しを作ったりします」と料理の腕前も披露した。

 会場の壁には、子供たちが書いた真央への応援メッセージも多数展示された。「ソチでは最高のレベルで演技をすることが自分の目標。どれだけ向上できるか、自分に期待しながら頑張りたい」。真央は応援するファンに五輪への意気込みを示した。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20130427-OHT1T00254.htm
そのた | 14:42 | - | - |
日本フィギュアスケーティングインストラクター協会 関連
日本フィギュアスケーティングインストラクター協会
続きを読む >>
そのた | 22:56 | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.